ようやく自宅オフィスが(ほぼ)完成しました / 松ヶ崎ときどき日記

築60年以上になる小庭のついた借家に10年ほど住んでいます。古くてスキマ風もあり冬は激寒です。朝ストーブをつけると室温4度なんてことも・・・でも山手線内の100㎡格安コスパ良すぎて引っ越せません。

今回は、自宅オフィス部分を少しリニューアル。

ライティングするときは、音声文字入力が主体になってきたので、家で仕事することが増えました。シェアオフィスやスタバで、スマホに話しかけているのは怪しすぐるので、大量の文字を書くのは自宅一択になりつつあります。

本はものすごく捨てました、おそらく300冊は捨てたはず。BOOK OFFに持って行こうか悩みましたが、以前50冊出してみて3冊以外は廃棄処分にしますと言われたので、今回は一気に思い切るために捨てました。手元には、今でもものすごく価値を感じている本と、1年以内にかならずまた使う本だけ100冊程度だけ残しました。

私のように多読の人は、これからは全てKindle本が絶対にいいです。マーカーをつけたところは、後から一斉表示できるなど便利機能もありますしね。

モニターは3枚使いしています。

27インチの古いiMac、15インチのMacBookプロ、12.9インチのiPadプロ(縦置き)です。iPadはもっぱらKindle本を表示してます。

BOSEのデスク置きのスピーカー(1万2千円)をつないで、音楽を聴いています。

スマートスピーカーは今のところなし。
iPhoneのSiriが同じことしてくれますから。

椅子は知り合いから、なんと2万円で譲ってもらったハーマンミラーのアーロンチェア。人間工学系の椅子は、やたら未来的すぎることが多いですが、この椅子はデザインもシンプルで美しくて最高。メッシュなので蒸れることもなく、、細かい調整が出来ます。

収納棚は、IKEAのKALLAXを使いました。
シンプルで厚みも色味もよく、充分です。

インテリアでお金をかけるべきは、ソファとベッド。
それとカーテンです。

ソファはリビングにかけるインテリア代の8割を使えといいます。
買った当時はだいぶ高かったけれど、今でもシッカリしててデザインも良く後悔していません。

私はカーテンはそれほどお金をかけませんでした。なにしろ築60年オーバーの借家だし、110㎡もあるので引っ越した時のカーテン代が半端なかったのです・・。

壁と収納の色は、シンプルにホワイトが好きです。

差し色には赤を入れ、気に入ったサーフィンのポスターを置き、植物の緑で仕上げてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事