千葉のサーフィンオリンピック会場の工事が急ピッチで進んでいる /松ヶ崎ときどき日記

ここ2週は続けて、海の家に二泊三日で来られています。こちらの海の家に来ると、サーフィンにも仕事にも思いっきり集中できるので環境的にはとても良いです。さて私の海の家から400メーターのところにあるサーフィンのオリンピック会場の工事が急ピッチで進んでいます。



どんな工事をするかと言うと、駐車場の整備、それと観客席を設けることです。駐車場を作るために半分朽ち果てた雑木林を切り開いたので、道路から海が一望できなかなか見晴らしが良くていいなと思っています。

九十九里海岸沿いでは、波乗り有料道路除いて道路から海が見える場所がほとんどないので、自宅から近いよく通る道路から海が見えるのはとてもうれしいです。駐車場はかなり大きそうですね、どうせなら酒5分を引いた公園等を整備してほしいなぁと思っています。

ここら辺には、子供達が遊べるような公園が全くないのです。公園と言うのはやはり自治体がお金を持ってないと整備できないもんなんですね。ちなみにサーフィンのオリンピック会場の観客席については、常設にすると「千葉県負担」。仮設観客席にすると「オリンピックサイド、国負担」だそうです。そう考えると、仮設の観客席になるでしょう。

ここ一宮町は昨年、全国で最も土地価格が上がった場所。近隣の小学校も、過去最高の入学者数だったそうです。とは言え、クラスはあっても1学年2から3クラスがせいぜい。とても田舎です。こんな田舎ですが、移住してきた若いサーファーたちが小さなコミュニティーを作って和気あいあいとやっている、そんなところが僕は大好きです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事