GWを使って自分をちょっと見直してハンバーグとタコスした1日/ 松ヶ崎ときどき日記

先日、図書館で本を借りてきた。
こちらが今回借りてきた本、一度読んで終わりの本は借りた方がいい。
橘玲の「日本人」と原田マハの「楽園のカンヴァス」はKindleで買おうか検討中。とてもいい本だ。

GW中はさすがに問い合わせも少なく、自分の時間が取れそうなので、先日友人がいいと言っていたストレングス・ファインダーテストをやってみることにした。このテストは、まず紙の書籍の購入が必要。(Kindle版の販売はない、が、紙の本を買うとダウンロードできる)きっとテストを受けさせることが目的だからだろう。東京駅の丸善に出かける。

目的の本をゲットし、他に面白い本がないか見てまわる。プリンシプルという分厚い本が気になった、世界100万部、気になったが4000円という値段にさすがに躊躇、まずは図書館で借りようかな。。

お腹がすいたのでエスカレーターを上がって、つばめキッチンへ。

名物のハンバーグは無添加。昔セミベジタリアンだったこともあり肉やらハンバーグうやらを食べてなかったけれど、最近はちょっとハンバーグとトンカツにチャレンジ中。トンカツは美味しさが分かるけれど、ハンバーグはあんまり良く分からない。ソースは美味しく、肉は柔らか、まあ現時点の語彙力はこんなもので弱い・・。修行します。

ストレングス・ファインダーテストをやってみた。10年位まえにやったときにはトップ5の強みレポートだけ、あれは役にたたなかった。今回のフルレポートはかなりいいオススメ。記事にしたのでせひ確認してみてほしい。

夜は従兄弟と品川のかっこいいタコス屋さんで会食。こんど千駄ヶ谷に寿司店を開くのだ。これまで超一流店で修行していたので間違いなく美味しいお店になる。修行していたお店では客単価が3〜4万以上だったが、自分のお店は同じ最高級ネタをつかって2万円で出すという。千駄ヶ谷「寿司坂本」5月後半にオープン。最高級ネタはホントに感動がある。たかがイカなのに、自分の食道を通過していくときに驚くような美味さを感じたのが忘れられない。ちょっと奮発するけど、開店したらぜひ訪ねてみよう。ちなみに開店初日から2週間は予約ですでに埋まっているそうだ。初日のお客さんは金メダリストらしい。そう聞いてみると金メダリストって何か縁起がいい人のような気がするなあ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事