見込み客へのプレゼン資料を作り、即売り上げにつながった事例

専門家の方は、プレゼンやクロージング方法を改善するだけですぐに売り上げにつながることが多いです。特にまだプレゼンやクロージングに慣れていない専門家の方には、PowerPointやKeynoteを使ったプレゼン用のスライドを作っていただいてます。

私のクライアントさんの中にも、素晴らしいスキルを持ってお客様に貢献できるにも関わらず、お客様に買ってもらうと言うスキルがなかったために売り上げが全然立っていない方がいらっしゃいました。

特に高い商品の場合には、本当に売っていいのだろうか、この値段で売っていいのだろうかといった悩みや不安がお客様との話の中で無意識のうちに出てしまい、それがお客様が購入する際の迷いにつながってしまっていたのです。

プレゼンやクロージングは最初から話術に頼ると失敗する

クロージングやプレゼンについては、やはり話術や経験がそれなりに必要になってきます。それが多くの専門家の場合なかなか乗り越えられず売り上げに繋げられないのです。

そのため私がお勧めしているのはプレゼン資料を事前に作っていくこと。事前にお客様からどんな疑問や質問が来るのか、どのようなことをどの順番で話せば、お客様があなたの商品の価値を強く感じて、お金を払っていただけるのか、それらを全て考慮したプレゼン資料を作っておきます。

プレゼン資料で即100万円を売り上げる

私のクライアントさんの場合、プレゼン資料を作り、初回こそうまくいきませんでしたが2回目以降は全てうまくいき、その月の売り上げが1,000,000円を超えることができました。これは1人のクライアントさんに限ったことではなく、複数のクライアントが達成している、再現可能な方法なのです。

繰り返しますが私はクロージングやプレゼンを、話術によって解決するのではなく、きちんと事前準備をしたスライド資料を作ることをお勧めしています。スライド資料でプレゼンやクロージングが上手になってから、話術によるプレゼンやクロージングに移行していくといいですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事