メンタリストDaigoのコンテンツは飽きるが止められないのはなぜか?止めるタイミングと解約方法とは?

メンタリストDaigoのYoutube+有料ニコニコ動画が人気です。既に会員数は10万人超え。月額料金は540円ですから、その月収は5千万円超え。このままいくと年収は5億を超えるでしょう。多くの人が一度入ると止められないDaigoの魅力はなんでしょうか、はたして止めどきはいつなのでしょうか?

メンタリストDaigoは超秀逸なキュレーター

メンタリストDaigoがやっているのは、同じ分野の大量の本を横断的に読み、その中から使える情報を再構築してYoutubeやニコ動で発信したり、本にすることです。元手は本代程度ながら大きなリターンを得ている頭脳編纂ビジネスなのです。情報を集める量とスピードが圧倒的、かつ日本人の生活や悩みにそった再編集をしてアウトプットするので大きなニーズがありますし、彼の元パフォーマーとしてのスキルを活かした喋りが上手で引き込まれます。

飽きるけど止められないのは「あるある尽きない悩み」を題材にし続けているから

Daigoの話はだんだん飽きてきます。なぜならデータや事実ばかりを並べたていて自分の意見を一切いれないスタイルなので、おもしろくないのです。「それで、Daigoはどう思ったんだ?」「それで、Daigoはどんな経験をしてきたんんだ?」といった人や心の部分がまったく見えてこないのでどこか冷たく面白みがありません

でも「もう止めようかな」と思っても私たちがズルズル続けてしまうのは、止めようと思ったタイミングで「自分がいま抱えている悩みや問題」を解決するヒントになるような動画が次々とアップされ続けるからです。自分の悩みに関する本を数千円払って読むくらいなら、Daigoの動画を流し聞きしていればいいので止められない、というのが構図です。

効率的に賢く生きようとしていないか?

特に、忙しいアメリカ人と日本人は「効率的に賢く生きよう」として本当はもっと大事な感情面や日々の生活の美しさをないがしろにしてしまいます。フランスの人は、日々の家族や友人との会話や食事を楽しむことをもっとも大切にしていて、効率や損得を追求することを疎んじるそうです。

私たちがもっとも深い学びを得るのは自分の経験ですが、その次に学びを得られるのは、研究データではなく、他人の失敗や成功の物語を聞くこと。物語や小話というのは、その人の経験を疑似体験して深層心理まで落とし込めるので実はもっとも深く学びを得ることができます。さらに学びを得るためには、人の話を聞いて終わらせるだけでなく、では自分はどうすればいいのか、なにを学び取ればいいのか考えることです。


イチローは本を読まない

出典:朝日デジタル

数々の名言を残すイチローですが、実はほとんど本を読まないそうです。自分でムダなことをして、それを自分で考え尽くしたものでないと、自分のものにならない、というのがイチローの信条だそうです。

自分の中にポジティブな「なぜ」を繰り返してみよう

コーチングスキルに「問題を質問に変える」というものがあります。自分が悩んでいることがあれば「どうしたら解決できるんだろう?」と考える、質問に変えてみるのです。問題とは答えの出ていない質問にすぎません。

Daigoの動画を見るのを止めるタイミングはいつか?

Daigoの動画を見るのを止めるタイミングは、1つは「こうあるべき」という考えに疑問をもち、「少しくらい人と違ってたり、間違ってても、もっと自分らしく生きよう」と思えたとき。

アメリカ人と日本人は、人からの目線を意識しすぎていますし、「こうあるべき」という理想像を追い回して疲れてしまいます。書店にいくと、どうやって自分を変えるか、という本で溢れかえっているように世の流れでもっと自分は変わらなくてはいけない・・という強迫観念に我々は囚われすぎているのです。

そしてもう1つの止めるタイミングは、自分の中でインプットとアウトプットが切り替わる時かもしれません。インプットし続ける時期はありますが、どこかでアウトプットに転ずる時が必ずきます。そのアウトプットが、ブログを書くことかもしれませんし、仕事をしっかりやろと集中することかもしれません。

アウトプットは何でもいいんのですが、インプットを一回一切たってみると、自分らしいアウトプットができる、自分らしさが出てくるのです。私達は多くの情報にさらされていて、自分を見失っています。今の時代は、なにを入れるかではなく、なにを入れないかを選択する時代です。

Daigoニコ動解約方法

https://ch.nicovideo.jp/mentalist

540円で有益な情報が得られるので退会しなくてもいいと思いますが、もう退会しようと思う方はチャンネルウェブサイトの右下から退会可能です。

まとめ

  1. メンタリストDaigoは超優秀なキュレーター
  2. 日本人の生活や悩みにそった再編集をしてアウトプットする
  3. 研究データを並び立てるので飽きるが止められないのは、生活にあるある系の悩みを題材にしているから
  4. 誰でも持っている尽きない悩みが対象だから止められない
  5. それでDaigoはどう思ったんだ、どんな経験があるんだが全くないから冷たく感じる
  6. 悩み解決の本を買うくらいならDaigoの動画を聞き流している方がいい
  7. しかし実際は、Daigoの動画を聞き流していても本質的な解決につながらないことが多い
  8. 自分で考えよう、人の失敗談、成功談から考えよう
  9. イチローは本を読まない、自分で考えて自分のものにする
  10. 問題とは答えの出ていない質問にすぎない
  11. インプットを一回一切たってみると、自分らしいアウトプットができる、自分らしさが出てくる
  12. 今の時代は、なにを入れるかではなく、なにを入れないかを選択する時代
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事