カテゴリーとタグが上手く使えるようになってきた件

世の中「タグ」だの「#タグ」だの、「タグ付け」「タグ検索」が当たり前になっている。でも実はアラフィフな私には、ずっとピンと来ていなかったのです・・。

 

それが最近ようやく開眼。

こんなにタグって便利だったのか!

すげーな若き検索世代って!と感動してしまったんです。

 

まだ良く分かっていない「同士諸君」のためにご紹介します。

「カテゴリー」は「目次」、「タグ」は絞ったテーマの「横グシ検索用」

本を読むことをイメージしてみてください。

例えば「40代からの起業の仕方」という本があったとしましょう。その本には、様々なことが語られており、大きなジャンルごとに「目次」があります。

 

つまり「目次」=「カテゴリー」。

ブログにカテゴリーを作るのも、読みたい人のために目次をつけているわけです。

 

 

一方タグは、「絞ったテーマ」についてだけ調べたい人用の検索ツール。

 

例えば「メルマガ」について知りたい人がいします。目次から「メルマガ」だけの項目を探すことは難しい。だが「メルマガ」の「タグ」で検索したら、それに関する記事がズラリと並んで串刺しに読めたら便利!より詳細なコトをもっと簡単に知れるようにする検索ツールなのです。

 

タグ付けを実践してみる

ようやくこの概念が腑に落ちた僕は、まずEvernoteに入っているノートにタグ付けすることにしましたた。

 

例えば、孫正義が言ったすばらしいマーケティングに関することをノート(記事)に残したときに、「孫正義」と「マーケティング」とタグ付けしておけば、あとで「孫正義」の名言を知りたいことを検索して一覧でみられるし、「マーケティング」というジャンルで調べた時にも見られます。

 

すっごい便利だ!と今更ながら実感した私は、これからサイトの記事もちゃんとタグつけしようと心に誓いました・・。

ムダなく失敗なく起業するにはどうすればいいのか?40才から2年で8億築いた起業家が教える 最短最速で失敗せずにビジネスが立ち上がるモデリング起業メールトレーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事