起業するならアートな部分を大事にしよう

じつは、iPhoneは欠陥商品だと知っていましたか?

どこが欠陥かというと、通常使用するには画面ガラスが弱すぎるのです。iPhone所有者のかなりの割合の人が、iPhoneが手から滑り落ちて画面を割ってしまったこと経験があるはず。僕も棚からバッグを引っ張りだした勢いでiPhoneが落下、取り上げてみたら画面に思いっきりヒビが入っていてブルーになりました。

普通に使っている範疇で、画面が割れてしまうんですから欠陥商品といっていいでしょう。これが車ならば完全リコール対象商品のはずですし、クーラーであっても無料部品交換の対象になるはず。

それでも実際には、iPhoneをやめられません。

実際、iPhoneのデザインは美しいし、iOSは他のApple製品とのネットワーキングもよく使い勝手がいい。結局のところ、これだけAndoroidスマホがあるのに、なぜiPhoneが良いかというとスペックを超えた「アート」な部分に皆んな惹かれて離れられないんでしょう。

先日、カメラの名作を作るライカのレンズを載せたAndoroidスマホが出ました。僕も一瞬、心惹かれました「ライカレンズを載せて10万円なら、コスパがいいな」と思ったんです・・・。

でも結局「コスパ」でモノを選ぼうとした時点で、それを買っても近い将来、他の製品が出たらまたそっちが欲しくなるだろうと悟ってやめました。

スペックやコスパの価値は、そのスペック・コスパ分しかありませんが、アートな部分の価値はプライスレスなんです。

だから値段が多少高くても選ばれ続けていくのです。起業するならスペックばかりに意識がいってたら、遅かれ早かれコスパとライバルによって100%行き詰まります。

他にはないアートな部分を研ぎ澄ましていくことがとても大事。個性やオリジナリティは何か? その点、個人というのはとても価値のあるコンテンツになりえるんですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事