起業に踏み切れない人と結婚できない人は同じ精神構造、必要条件を出して、自己啓発本を栄養剤にしよう!

 

起業したいけれど踏み切れない、結婚したいけれど踏み切れない・・。でも、会社をクビになって起業したら何とかなった・・。子供ができちゃったから結婚したら結構幸せだった。どちらも似ていると思いませんか?

 

僕自身は、独立起業して5年たちますが、会社員のときには起業はしたいけれど思いきれずに10年くらいダラダラとしてしまったタイプです。結婚も同じでしたね。。その時の精神構造を分析してみるとこうです。

 

いま手にしているものを手放すのは怖い

 

起業できない大きな原因の1つは給料と保証を手放すことです。心理学用語で「副次的利益」というヤツで、仕事や独身はイヤだけれど、そこから得ている利益を手放せないのです。

 

私はサーファーなのですが、サーフィンを中毒的に好きな友人たちは40を超えても結婚できません。サーフィンから得られる楽しさが結婚すると失われると考えるからです。

 

上手く行くという保証がないから怖い

 

例えば、人がなにかにお金を払うには、その商品に対しての安心や保証が必要です。それが大きな金額になればなるほど安心と保証が必要なのです。

 

起業と結婚についてはどうでしょう?

 

それこそ起業や結婚は、人生をかけたモノですよね。

だからより安心と保証が欲しいのです。

 

起業して自由になりたい、結婚して幸せになりたい。だけれど、いま得ている利益を手放し、絶対的な安心と保証を手に入れることなどできるのか? 

 

どちらの場合も、この心理的葛藤が強いと踏み出すことは出来ません。

ではどのようにこの葛藤を乗り越えればいいのでしょうか?

 

どうやって心理的葛藤を乗り越えるのか?

独立していい条件を決める

僕の場合には、ホントに仕事がイヤすぎたので絶対に独立起業すると決めてはいましたが、とにかく給料以上の収入を副業で得られるようになるまでは独立しないと決めていました。家族もいたし、思い切ったことはムリと分かっていたのです。

 

人によって必要な給料だったり安心の条件は違うでしょう。ですから、起業に踏み切る条件をまず決めるといいと思います。僕の場合は収入です。

 

条件が決まらないと、それに必要な行動も方向性も見つけられないのでまずは独立起業の条件を決めるといいと思います。ちなみに余談ですが、結婚するときにも最低条件を決めていました。人に完璧はないので、3つ程度に条件を絞るのです。条件が決まらないと、人に求めるばかりのエンドレスゲームに陥ります。

 

モチベーションを保つには

モチベーションを保つのがすっごく大変だったんですよね。仕事しながら少ないプライベート時間をさいて副業でお金を稼ごうとするわけですから、モチベーションがすべてだったんです。

 

私の場合には、とにかく成功している人の本、自己啓発本、それと似たような音声教材やポッドキャストを使っていました。だから独立したときには、成功本、自己啓発本が数百冊ありました。

 

自己啓発本とか成功本って、起業や人生を生きていくための栄養剤なんですよね。いま考えると同じような本ばかり買っていましたが、それでいいんです。栄養剤と思って読んで元気だして、またがんばれたらそれでいい!

 

ただ注意していただきたいのは、成功するよ、儲かるよといった甘い言葉で、高額セミナー講座に勧誘するエセ起業コンサルタントたち。入塾料50万、100万なんてザラです。自分のやりたい方向が定まって来るまでは手を出さない方がいいと思います。

 

私のところにも自分のやりたい方向が定まっていない人がたまに来ますが、まず大抵はお断りしています。やりたいことが右に左にブレブレになることが多くお金のムダになるからです。定まっていない人は、まず自分のブランディングの方向性を決めるところから入った方がいい、自分の棚卸しから始めてください。

 

まとめ

 

以上、私の体験談をまじえて正直に書いてみましたがいかがだったでしょうか?まずは条件を定めて、栄養剤として本や音声教材、いまならYoutubeなどを利用してみてくださいね。

 

  • 起業に踏み切れない人と結婚できない人は、精神構造が同じ
  • いま手にしているものを手放すのは怖い、副次的利益に代わるものを見定める
  • 上手く行くという保証がないから怖い、人はお金を払うのには安心と保証が必要。同じようにお金を失う代わりになるものを確保しよう
  • どうやって心理的葛藤を乗り越えるのか?
  • 独立していい条件を決める
  • モチベーションを保つために、成功本や自己啓発本はとても有効
  • 自分の方向性が定まらないうちにエセ起業コンサルにだまされないこと
  • 定まるまでは自分の棚卸しとブランディングを考えよう

ムダなく失敗なく起業するにはどうすればいいのか?40才から2年で8億築いた起業家が教える 最短最速で失敗せずにビジネスが立ち上がるモデリング起業メールトレーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事