40代女性が起業するときの大事なポイントをまとめてみました

月に10万円程度の副業から、100万円超えの本格起業を成功させている主婦や会社員女性が増えています。女性は男性より遥かに「つながり力」があり、SNSを上手に使えばわずか数ヶ月で収入をあげることも可能だからです。40代女性が起業して収入を得るための具体的なポイントや方法をお教えします。

同年代の女性がお客さんになってくれる

女性は共感する生き物、共感してくれれば買ってくれます。男性のように理屈や根拠がないと買ってくれない生き物ではなく、共感が大事なのです。共感してくれやすいのは、自分と同じような悩みを抱える同年代の女性。その女性たちに向けたビジネスを考えてみましょう。

子育てしながら、小さくビジネスして社会と関わりをもつ

私のクライアントさんでも、まだ小さな子供が3人もいるのに月に5〜10万円程度ながらビジネスしている人がいます。SNSやブログを使ってお客様を集め、SkypeやZoomを使ってレクチャーして報酬をいただくのです。

子育てしながらでも社会と関わりたい、人に貢献したい女性は、小さくてもSNSやブログを使いながらできることが沢山あるので、ぜひ諦めずにチャレンジしてみてください。

同年代女性のお悩み解決をするビジネスを作ろう

すべてのビジネスは「人のお悩みを解決すること」です。

化粧品なら、綺麗になりたいお悩みを解決します。整体なら、身体の悩みを解決します。占いなら、人生の不安を解決します。ビジネスすべてはお悩み解決なのです。

この時にとても大切なことは、大きな悩みを解決しようとせず、身近な小さな悩みを解決することを考えてみましょう。「あなたが幸せになれる!幸せコーチング」とかにすると、「幸せ」という単位が大きすぎてお客様になる人がイメージできません。

悩んでいる人の、何歩か先を歩いているあなたに解決してもらいたい、身近にある問題を解決してほしい人が沢山います。どんな人の、どんな身近なお悩みを解決できるのか考えてみましょう。

協会などの認定資格をもとにビジネスする方法もある

現在はさまざまな資格認定をしてくれる協会があり、その資格をもとにビジネスする方法もあります。商品コンテンツを作る必要がなく、自分の情報発信力でお客様を集めて認定講師としてビジネスをするのです。

多くの場合、売り上げの3割から7割を協会に支払い、残りが自分の取り分になります。コンテンツ料、認知度を広めている点などを考えると、協会に4割ちかく支払ったとしても妥当なラインと言えるかもしれません。

認定資格でビジネスする際には、集客の仕方までは教えてくれないことが多く注意が必要です。資格だけではお客様は来てくれませんので、この記事やこのサイトの集客関連の記事を参考にお客様を集める方法を学んでみてください。

Instagramなどのインフルエンサービジネスはどう?

インスタを中心としたインスフルエンサービジネスをする主婦が、私の周りにも何人かいます。フォロワーが5000人になると企業からのPR案件がポツポツ入り出し、数千円程度のおこずかいが稼げるようになります。フォロワーが1万人になると、起業案件が増えるようになってきます。

私の個人的な見立てでは、インフルエンサービジネスは今が旬です。今ならばまだ参入余地があり、フォロワーを素人でもオーガニックに近い形で増やすことができます。特に女性は、男性の6倍早いスピードでフォロワーが増やせると言われています。

大きな収入をコンスタントに得るのは、それほど簡単ではありませんが、興味深いビジネス分野ですね。

注意してほしいのは、絶対にやってはいけないのは「フォロワー買い」「いいね買い」です。ケミカルにお金を払うとフォロワーの中身が外人だらけだったりと、企業側はすぐに見破ります。覚せい剤のようなものだと思って絶対にやめておきましょう。

40代女性はFacebookを使うと収入を得やすくなる

共感を得て買ってもらいやすいメディアはFacebookです。ブログなどの見てくれるのを待つ「待ちのメディア」と違い、自分かFacebook上で積極的に友達を増やし、お互いの投稿に対してコメントしあい共感しあえるのはFacebookがもっとも強力な集客ツールとなります。

プロフィール欄を整え、まずは1日1投稿から始めよう!

プロフィール欄に、明るい写真と何をしているのか紹介文を入れましょう。プロフィール欄はかなり見られています。ビジネスをするのであれば、キチンとしておきましょう。

投稿はまずは1日1投稿からしてみましょう。

ビジネスをするのであれば、自分のビジネスを軸とした投稿と、自分の人柄が分かる投稿を交互にしていくといいでしょう。友達も増え、投稿にも慣れてきたらビジネス投稿を多めに1日2〜5投稿すると集客につながっていきます。

見込み客を増やすFacebook友達の増やし方はこちらの動画セミナーで

何をしてるか分かるようアメブロに記事をあげてみよう

Facebookに慣れてきたら、アメブロに自分が伝えたい大事なことを記事にして投稿してみましょう。アメブロはお店のようなもの。あなたが何をしているのか分かるように記事にして並べておくのが大切です。

まずは自分が何をしているのか見られるよう、10記事並べてみるといいでしょう。慣れて余裕ができてきたら記事数を増やすとアメブロからもお客様がつくようになっていきます。

ミニセミナーを開催しよう!

だんだんと多くの人に、自分のやっていることが伝わるようになってきたら、ミニセミナーを開催してみましょう。まずは60分からやってみるのがオススメです。料金は1000円から3000円、募集はFacebookとアメブロで行います。募集は一度だけでなく、集まるまで10回、20回と行いましょう。

60分のセミナーなんて長くて怖い・・、そんなにしゃべれない・・。
私のクライアントさんも初めてのミニセミナーは怖がります。でも、お客様にしてもらうワークを入れたりすれば、60分はあっと言う間に終わってしまいます。台本を作って3回練習すれば上手になります。5回練習すれば自信が湧いてきます。準備をしっかりしておけば大丈夫ですよ。

セミナーが上手くいく3つのポイント

かならず最初にアイスブレイクを入れる

じつは最も緊張しているのは講師ではなく、受講生さんたちです。見ず知らずの人に囲まれて緊張しているのです。受講生さん同士の自己紹介をし合うワークや、最近あった楽しいことをシェアしあうワークを最初に10分程度いれるとセミナーの緊張が一気にほぐれて上手くいきます。

内容は1〜2つに絞ること

受講生さんを満足させようと、すごいことを沢山伝えようとするセミナーにするのが「初心者お決まりの間違い」です。受講生が満足するのは「出来た」「変われた」感があるかどうか。セミナーは本ではありません。内容を絞って、受講生さんの変化を作り出してあげることに注力しましょう。そのためにワークの時間を最低でも全体の3割程度いれるといいでしょう。

大事なことは5回伝える

演説でドイツ国民を魅了したヒトラー。ヒトラーは演説で人を魅了するために「同じことを5回」言っていたのです。繰り返すことで人は、だんだんと理解し、感情面にその内容を落とし込んでいきます。感情面に落としこまれるから人は行動しようと思うのです。大事なことを5回伝えてみましょう。

商品サービスを売る時には、恥ずかしがらずに提案しよう

ミニセミナーで、自分の商品サービスを売ってみましょう。売り込むのではなく、悩んでいる人の問題解決方法として提案してみるのです。その商品サービスで、悩んでいる人がどうなれるのか、どんな風に良くなれるのか、そうなったらどんな気分になれるのか、それを言葉にして熱意をもって伝えてみましょう。あなたが本当に悩んでいる人を救いたいと思う熱意がお客様に伝わります。熱意をもって提案してみましょう。

ZoomやSkypeを使って、TV電話方式でレクチャーもできる

子育てしていても、田舎に住んでいても起業できる時代になりました。ZoomやSkypeなどTV電話をつかってレクチャーを提供し報酬をいただくのです。

私自身も、北海道から沖縄に住んでいるクライアントさんとZoomのTV電話とLINEを使ってコンサルティングサービスを行っています。リアルにお会いするのとTV電話とLINEによる違いは、10%以下と感じています。ZoomもSkypeも基本的に無料で使うことができます。(相手にする人数が増える場合には、有料版に切り替えるといいでしょう)

ビジネスをすると本当の自分に気がつける

ビジネスをすることは、さまざまな場面で自分の中にあるものと向き合います。自分と向き合って作り上げていく過程、そしてお客様から沢山のことを気づかされていく過程で、自分はこういう人間だったのだと気づくことができるのです。

会社員や家庭という環境につつまれている自分とは全く違う自分に出会えることでしょう。だからこそ起業してビジネスをすることはとてもダイナミックでドラマチックなこととも言えるのです。もし自分がやってみたいと思うなら、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

オススメできない職種とは?

最後になりますが、40代の女性をターゲットにした起業ビジネスのあまり良くない噂も耳にしていますので、参考までにオススメできない職種をこちらにあげておきます。

結婚相談所(仲人)ビジネス

結婚する前に婚活にがんばった女性が、自分の体験を活かしてできそうなビジネスとして結婚相談所ビジネスに手を出す人が多くいます。しかし、すでにライバルが沢山いて差別化がとても難しく、また婚活アプリなど便利なツールの普及に伴い初期費用の回収すら難しいのが現状です。胴元である結婚相談所本部が主婦起業をうながしお金を吸い上げる構造になっていると言えるでしょう。よほど自分の情報発信力とユニークさ、度を超えた面倒見の良さなどが揃っていない限りはやめておきましょう。

ネットワークビジネス

ネットワークビジネスは、80年代に流行したビジネスモデルです。人と人とのつながりがもっと強く濃かった時代に、特に地方を中心として勢力を伸ばしましたが現在うまく行っている人はとても少なく、その組織ネットワークの中で支え合う状況になっていることが多いのです。

ただ、私の知り合いにもネットワークビジネス長者が二人ほどいますが、どちらの方も人間としてとても真っ当で優秀な方たちです。ネットワークビジネスでは、ビジネスのやり方だけでなく、人としてのあり方までしっかり教え込む組織があるのは確かです。

私も何度も誘われましたが、効率性が悪く丁重にお断りしました。もしあなたが、誘われた人の人柄に強く惹かれたならば、勉強としてチャレンジしてみるのはいいかもしれません。

まとめ

  1. 40代女性が起業するときの大事なポイント
  2. 女性は男性より遥かに「つながり力」があり、SNSを上手に使えばわずか数ヶ月で収入をあげることも可能
  3. 同年代の女性がお客さんになってくれる
  4. 女性は共感する生き物、共感してくれれば買ってくれる
  5. 協会などの認定資格をもとにビジネスする方法もある
  6. Instagramなどのインフルエンサービジネスは今がチャンス
  7. 40代女性はFacebookを使うと収入を得やすくなる
  8. プロフィール欄を整え、まずは1日1投稿から始めよう!
  9. 何をしてるか分かるようアメブロに記事をあげてみよう
  10. ミニセミナーを開催して売り上げをたてよう
  11. セミナーで大事な3ポイント
  12. ZoomやSkypeを使って、TV電話すれば子育て中でも地方でもビジネスできる
  13. ビジネスをすると本当の自分に気がつける
  14. オススメできない職種は、結婚相談所(仲人ビジネス)、ネットワークビジネス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事