ストレスが激減する!人間関係が選べるフリーランスという働き方

私がサラリーマンを辞めて本当に良かったのは、お金のことはもちろんですが、一緒に働く人、付き合う人が自由に選べるようになったことです。会社で働いていたときには、ホントに一緒にいるのが苦痛な人が同じ部署になってしまうと何年も大きなストレスとなり、会社に行くのがイヤになりました。

ホント、人としてそれやっちゃイケナイでしょう!なんてクレージーな人でも、上司が雇った手前、クビにすることも出来ずに周りがずっと迷惑を受け続けるなんて、私だけでなくきっと多くの人が経験してるのではないでしょうか?

フリーランスは人間関係をじぶんで自由に選択できる

フリーランスになってしまえば、相手がイヤなら、たいてい代わりはいくらでもいます。自由の度合いは、自分の実力がついて人に認められるほど増えていく。たいていの場合、時間とともに人間関係が豊かになっていくのは選択の自由と積み重ねがあるからなんですね。

アメリカではスペシャリストは、どんどんフリーランスへ

変化の早いアメリカでは、新しいプロジェクトがたちあがると、必要な専門人材をLinked InとTwitterをみて集めて仕事をしていくスタイルが増えてきました。

もっとも柔軟なのは人であり、もっとも硬直するのが組織です。パソコンとインターネットで多くの仕事がこなせるようになった今、フリーのスペシャリストがより高額の報酬を得るようになってきたのは必然ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事