家族がいて起業・副業に踏み切れない時はどうすればいいの?

自分の夢を叶えたい、起業してお金持ちになりたい・・。
家族のことがあって起業・副業に踏み切れないで悩まれる方はとても多いです。またいざ起業・副業する際にどう家族に話せばいいのか悩まれる方もいるのです。家族がいる方が起業・副業をどう考えるべきか、踏み切る時には家族にどう話したらいいかをお教えします。

なぜ家族がいると起業・副業しずらい?その理由と対処方法とは?

収入がどうなるか不安

会社からの安定した収入を失うのは、家族の将来のためにできない。本当に稼げるのか分からないのに独立なんてとても無理だ・・。そう考える方がほとんどではないでしょうか。実際、私もそうでした。

まず考えておきたいのは、会社からのその収入が本当に定年まで保証されているのか、もしくは高い確率で大丈夫なのかどうかです。

あの東芝や東電でさえ大リストラを敢行しました。中小規模の会社の場合、その寿命はより短くなり10年先が見えなくなってきています。これから先10年でまたリーマンショックのような不景気が訪れる可能性も十分考えられます。その時に、会社からの収入だけに頼っていてよいのか、それとも起業・副業も検討する価値があるのか考えておきましょう。

ポジティブに過ぎてもいけません。収入の安定度合いと自分の夢、やりたいことから得られる収入と未来を比較してみましょう。

親戚・友人・周囲からの目が気になる

起業・副業することに対して、周囲からの目が気になる人は多いです。
ここで考えておきたいのは、その人たちは自分の人生に責任を持ってくれるかと言うこと。あれこれ言う人はいるかもしれませんが、その人たちが自分の人生を支えてくれるワケではありません、自分の人生を支えるのは自分しかいないのです。

あれこれ言う人も、言っているのは長くて最初の数ヶ月です。数ヶ月すれば、起業・副業していることが、自分にも他人にも「普通」の状態になり何も言わなくなるので大丈夫です。

パートナーからの反対

私のクライアントさんでも起業・副業する際に、パートナーから反対された人はとても多いです。経験から申し上げますと、パートナーに納得してもらった上で起業・副業に踏み切ることはとても大切です。パートナーからの反対がさまざまな場面で天井となり、ビジネスが上向きません。

パートナーの目を見てキチンと話すことはとても重要です。きちんと目を見て話せば、時間はかかっても納得してもらえたという人がほとんどです。

またパートナーであれ、周囲の人であれ、反対する意見に耳を傾けるとかえってビジネスが上手くいきます。私は堅実な友人たちから猛反対にあい、何度も夜呼び出されては説得にあいました。その反対意見に対して、自分がどう計画していて、どう見込みを立てているのか話せなければそのビジネスにはまだ穴があるのです。

私も友人らの反対意見にすべて自信を持って答えられるようになったからこそ、ビジネスが上手くいったと今では感謝しています。

家族との時間がなくなる

起業・副業の準備期間中、そして開始から3年目くらいまでは時間と労力がかかるのは事実です。やることは無限にあり、土日の休みも関係なくなります。でもそれだけの時間と労力は、楽しいから、未来のためだから自分が使いたくなるのです。ここが会社とは大きく違います。

私は起業当初、旅行先のホテルで妻に背を向けてパソコンを叩きまくっていて泣かれたことがありました。起業仲間の多くも家族に負担をかけたと言います。

起業・副業は未来への投資と考えて、家族からの理解をある程度でも得る努力は必要になるでしょう。私の場合にはですが、家族との時間を決めて、その時間は集中して絆を深めるよう心がけています。なにも考えずに過ごすより、きちんと集中することで強い絆を作れるのではないでしょうか。

起業・副業にまわす資金がない

「お金がない」「時間がない」「自信がない」は世界三大言い訳だそうです。もし自分の夢・やりたいことが強いものであれば、小さな一歩、ベイビーステップから始めるようにしましょう。スティーブ・ジョブズもビルゲイツも、最初は小さな部屋からビジネスをスタートしました。

小さなことからコツコツやっていくうちに見えてくる景色が必ずあります。ベイビーステップで登ると見える景色、新しい展開が増えてきます。それは今の自分では決して想像できません。

私も最初は図書館、本屋、ブログ、Youtubeで必死に勉強しました。そこでどうしても分からないことがあって、妻に頼み込んで有料セミナーやコンサルから直接学んだのです。無料でも出来ることは沢山ありますので、どうぞ諦めずチャレンジしてみてください。

自信がないに対処する

自信ができたら起業・副業するという人がいます。それは間違いではありません。収入の道筋が見えたらプロとして活動するのは自分にとってもお客様にとっても大事なことです。それでも最後は自分に不安になると思ってください。自信がない状態でビジネスを始めるのは仕方ないことなのです。なぜか?

それは自信とは、ビジネスをしながら、経験を積みながらでしか得られないからです。スタート時点で自信を持っている人は、起業・副業についてはまずいません。みな不安になりながら、周りの人のサポートを受けて徐々に自立していきます。一人で不安にならず家族やプロのアドバイスを受けながらやってみましょう。

まとめ

  1. 家族がいて起業・副業に踏み切れない時にどうすればいいか?
  2. 収入がどうなるか不安なら、会社からのその収入が本当に定年まで保証されているのか、もしくは高い確率で大丈夫なのかもチェック
  3. ポジティブすぎてもいけません。収入の安定度合いと自分の夢、やりたいことから得られる収入と未来を比較しよう。
  4. 親戚・友人・周囲からの目が気になる人は、その人たちが自分の人生を支えてくれるか考えてみよう。
  5. 自分の人生を支えるのは自分しかいない。
  6. パートナーが反対する時は、しっかり向き合って話し合おう。
  7. 反対意見にすべて自信を持って答えられるようになるからこそ、ビジネスは上手く。
  8. 家族との時間は少なくなる。少ない時間に集中して家族との絆を深めよう。
  9. 「お金がない」「時間がない」「自信がない」は世界三大言い訳、小さなことからコツコツやる努力をしてみよう。
  10. 自信は、ビジネスをしながら、経験を積みながらでしか得られない。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事