会社員、労働起業家は注意!やってはいけない起業方法とは?

これから起業を考えている人は、起業するメリットや楽しさとともに、やってはいけない起業の仕方もあわせて覚えておきましょう。そうすることによって、きちんとしたビジネスを構築するだけでなく、プライベートも充実できるようになります。

起業のメリットはオールフリー

起業のメリットは、すべてが自由なこと。会社のように固定した人間関係に縛られて我慢することもなければ、働く時間や場所も自由に選ぶことができます。会社員だとどんなにがんばっても年収はせいぜい1億、しかも1000万円を超えられる会社員は数パーセントしかいないことを考えれば、年収1000万円を超える起業家の方がずっと割合が高いとも言えるでしょう。

私のクライアントさんも、元は契約社員だった方や、主婦だった方が、年収1000万円を超えたり、なかには法人を立ち上げ年収3000万円近くになった方もいて、旦那さんのお給料と合わせれば世帯収入は相当なものです。お金の自由ができることで、買い物ややることにも自由度が加速度的に広がり、交友関係も幅広くなっていけるのです。

やってはいけない起業の仕方とは?

起業するときに、まず最も注意したいのは、興味のないことをすることです。ビジネス自体に興味がないといろいろ大変なことも積極的に解決していけませんし、お客様はそれを必ず感じ取り、場合によってはトラブルになります。

ビジネス自体にそれほど興味がなくても、稼ぐ仕組みを作ることに興味がもてないとやはりマネタイズする前に力尽きてしまいます。お金に興味があること自体はまったく問題ありませんが、お客様からきちんとしたお金をいただくことに興味がないと詐欺やトラブルになるので、お客様ファーストの視点は必ずもっておきましょう。

つぐにやってはいけない起業は、「努力すれば報われる」というサラリーマン気質をもって起業することです。努力することはもちろんとても重要ですし、必要ですが、「適切な努力をして、レバレッジのかかった収益をあげる」ことを起業家であれば意識しましょう。

「努力すれば報われる」だと売り上げに必ず頭打ちがきます。起業家は、ムリなく右肩上がりの売り上げをどう立てていくのか考えていきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事