独立起業した後にどんな生活リズムにするのがオススメ?

独立起業すると、会社員時代のように9時から5時といった仕事時間の決まりがないのでどのようにすれば良いのか最初戸惑うかもしれません。独立起業すると、やることが際限なくあるので働こうと思えば深夜まで働いてしまいますし、ちょっと気を緩めるとずっと遊んでしまうことがあるかもしれません。ではどんな生活リズム、時間割にしていけば良いのでしょうか?そのポイントをお伝えします。

独立起業後の生活を考える上で大事な2つのポイント

考えるべき大事なポイントは2つです。

1つ目は、最も重要なことに優先的に手をつけること。
2つ目は、まとまった時間を確保することです。

1つ目は、最も重要なことに優先的に手をつける

スティーブン・コービー博士は名著「7つの習慣」の中の第三の習慣として「重要事項を優先する」と書いています。でも実際には、重要な仕事と考えてしまうと手をつけられない、なかなか仕事が始められないと言う人も多いと思います。こういうときには、とにかく何でもいいから最初手をつけるというのがとても大事です。何かをし始めると次々と仕事ができるようになる。そうしてリズムを作っていて重要なことを優先してやるようにすると良いでしょう。

2つ目、まとまった時間を確保する

仕事のクオリティーは、「時間に対する集中とコミットメント」によって決まります。自分がこれを絶対にやるんだと言うコミットメントがあっても、集中してやるまとまった時間があることがとても重要です。これはピータードラッカーが、強く主張していることで、まとまった時間があるからこそわれわれは一定の成果物を生み出すことができるのです。例えば私の場合には、まとまった時間を確保するために、午前中はクライアントとのアポイントメントはできるだけ入れないようにしています。

朝型か夜型かはその人の遺伝子タイプによる

起業すると多くの人がなるべく朝型になろうと努力するものですが、朝型か夜型かはその人の遺伝子タイプによるので一概に朝方が良いとも言えません。そこでオススメなのは朝型夜型かを判定するこちらの診断シートです。まずこちらをやってみて自分がベストのパフォーマンスを発揮できる時間帯を探してみると良いのではないでしょうか。


ちなみに私はかなりの「朝型」でした。自他ともに認めています。

起業したらルーティーンを大事にする

仕事のリズムを作ることによって自分のパフォーマンスを上げるのはとても大事なことです。例えばイチローが現役時代にストイックなまでにルーティーンにこだわった事は有名です。翌日のゲームの開始時間から逆算して、寝る時間起きる時間スタジアム入りの時間まで全てが決まっていたそうです。こちらの記事を参考にしてください→https://bunshun.jp/articles/-/1059。

午前中はまとまった時間で1人仕事、午後は打ち合わせや外出がオススメ

私の場合には、多くの有名起業家がしているように午前中は自分1人でやるべき仕事をまとめてやり、午後は人との打ち合わせや外出に時間を当てています。これは何故かと言うと午前中に人と会うと、自分のやるべき仕事をするまとまった時間私の場合には、多くの有名起業家がしているように午前中は自分1人でやるべき仕事をまとめてやり、午後は人との打ち合わせや外出に時間を当てています。これは何故かと言うと午前中に人と会うと、それに付随した仕事が発生することが多く、気が散って自分がやるべき仕事をまとめてやることができないことが多かったからです。午前中は1人、午後は打ち合わせや外出これは結構オススメですよ。

まとめ

  1. どんな生活リズム、時間割するかのポイント
  2. 考えるべき大事なポイントは2つ
  3. 1つ目は、最も重要なことに優先的に手をつけること
  4. 2つ目は、まとまった時間を確保すること
  5. でも実際には、重要な仕事と考えてしまうと手をつけられない、なかなか仕事が始められないと言う人も多い
  6. とにかく何でもいいから最初手をつけるというのがとても大事
  7. 仕事のクオリティーは、「時間に対する集中とコミットメント」によって決まる
  8. そのためにもまとまった時間を確保しよう
  9. 朝型か夜型かはその人の遺伝子タイプによる
  10. 記事中の無料簡易テストで確認してみよう
  11. 起業したらルーティーンを大事にする
  12. 午前中はまとまった時間で1人仕事、午後は打ち合わせや外出がオススメ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事