起業や副業を成功させるために大きな夢やヴィジョンは必要なの? 夢やビジョンをどう描けばいいのか?描き方をステップで解説します

書店やインターネットを見ると、「これから起業や副業をする人は大きな夢やビジョンを持とう」なんてことが言われています。そういった大きな夢やビジョンは持っていたほうがいいのでしょうか?、また持つからばどうやって大きな夢やビジョンを描けば良いのでしょうか?

大きな夢やビジョンを持つべきかどうかは人それぞれ

私は起業しようと心に決め、約2年半で会社員の年収を超える収入を得るようになり独立起業しました。その時に大きな夢やビジョンを持っていたかと言うと

「持っていました」

起業や副業である程度の収入を得るまでは、一万回は凹みます。様々な失敗が必ずあるのです。がむしゃらに前進できる人もいるでしょうが、私の場合には自分のビジョンや夢が心の支えになっていたのです

まずは泥臭い夢でいい、美しい夢やビジョンは後からついてくる

私の場合には決してきれいごとではなくて「年収五千万円を得て、経済的、時間的、精神的な自由を絶対に手に入れる」と言う夢でした。誰か困ってる人の助けになろうと言う前に、まず自分を助けなくてはならなかったのだと思います。

リーマンショック後で周囲の同僚たちが次々とクビになるような状況の中で、私は毎晩歯ぎしりするほどの厳しいストレスにさらされていました。中には私のように状況が苦しくて、今の自分を支えて前に進めてくれる大きな夢やビジョンが必要な人もいます。

一方、人によっては、まず目先のことをどんどんやっていくことによって前進していく人も多いです。そういう人たちは大きな夢やビジョンなど抱かず進むことができるのです。大きな夢やビジョンが必要かどうかは、その人が置かれている状況や考え方次第で良いのです。

大きな夢やビジョンをどう描けばいいのか? 具体的ステップはこちら

では自分で、大きな夢をビジョンを描きたい場合にはどうすれば良いのでしょうか?ビジネスコーチングをしている私はクライアントさんにこのように指導しています。通常このステップには、ゆっくりとした気持ちになってもらってから約20〜30分ほどかけて1つ1つ進んで行くようにしています

ステップ1:まず目先で自分が手に入れたい状況、こうなりたいと言う夢を描く

人のことは気にせず、自分がこうなりたいという夢をまず描いてみましょう。例えば私ならば会社員をやめて、サーフィンと読書が思う存分できる収入と時間を手に入れていると言うことでした。自分が今後1年から3年でどうなりたいのか夢でいいので描いてみてください。

ステップ2:自分がその夢を叶えるまでに努力し苦労したシーンを詳しく想い描いてみる

ステップ1で描いた夢に到達するまでに、自分がどんな努力をしてどんな苦しみを乗り越えてきたのか、それによってどんな喜びがあったのかを詳しく考えてみましょう。そうすることで自分がそのプロセスを疑似体験することができ、様々な気づきを得ることもできるでしょう

ステップ3:そこからさらに自分の人生が進んでいき、歳をとっていく自分を心の中でイメージしてみる

自分が成功した後、さらにいろいろなことを成し遂げながら人生を楽しみながら歳を重ねていく自分をワクワクするような気持ちで心の中にイメージしてみてください。ここはまずは楽しんで浸るところなので自由にやってみると良いですよ。

ステップ4:自分が死ぬ心を思い描く

さらに人生を進め歳を重ね、最後に自分が死ぬ心を思い描いてください。それは例えば自分は病院のベッドに寝て、周りを親しい家族や子供たち友人に囲まれて見下ろされているところかもしれません。これから死ぬ自分ですが全てをやり切った満足感で、天国に旅立つことに一切の不安がないそうイメージしてみてください。

ステップ5:自分の人生を振り返ってみる

この自分の人生を振り返ってみて、一体自分は何のために生きてきたのか、この地球に何を残そうと頑張ってきたのかを、死ぬ瞬間に振り返って考えてみてください。ステップ1から4までが、しっかりイメージできて深く浸ることができれば、きっと本当の自分の大きな夢やビジョンを見つけることができるでしょう。

最後に

でも、まだ自分の大きな夢やビジョンが見つからないとしても焦る事はありません。きっと今のあなたにはそういったものがまだ必要ないと言うこと。その時期が来たら、ちゃんと自分の夢やビジョンは降ってきますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事