「ジャパネットたかた」そのトークの秘密は「能」にあった!

売る天才であり、また伝える天才ともいえる、ジャパネットの高田さん。

 

その高田さんの「トークの秘密」は、世阿弥の本から学んだことを知っていますか?

 

その中でもよく言っているのは、

 

===========

モノを売りたければ、

3つの視点を持つこと!

===========

 

「我見」「離見」「離見の見」です。

 

 

これは良いものだよ!安いよ!自分の目から見てモノを伝えてはお客様は逃げてしまう。だから「離見」、相手の立場に、自分の心を置いて話すのが大切だそうです。

 

相手がなにを求めているか、それを感じるのが「離見」。

 

そして最後が、自分の目、お客さまの目、全体を見渡す目「離見の見」。俯瞰してみて考え、修正してみる。

自分もお客様も、そして社会全体のうまくいく、そんなことが大切なのかもしれません。

 

日々の中では、これをブログやメルマガなど記事を書くときに活用すると良い練習になります。そこに、「これをお伝えしたいんだ!」そんなお客様への熱い気持ちがあれば、きっと誰でも良い記事が書けるようになりますよ!

ムダなく失敗なく起業するにはどうすればいいのか?40才から2年で8億築いた起業家が教える 最短最速で失敗せずにビジネスが立ち上がるモデリング起業メールトレーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事