女性起業家は、女性シニア層をターゲットにしたビジネスを始めるのも超オススメです

この5年間で主婦をターゲット客にしたビジネスが急拡大しました。例えばファッションやメンタル系、食育・教育分野などです。まだまだ未開拓で次に大きく伸びるのはオーバー60の女性シニア層をターゲットにしたニッチなビジネスです。大手企業は女性シニア層ビジネスをそれなりに拡大してきていますが、大手企業が参入できていないニッチなサービスがまだまだ足りていません。

何歳になっても女性は女性らしくありたい

作家、林真理子の名言にこんなものがあります「昔の方がキレイだった、幸せだったと思う人生はつまらない」人生はこれからも長い。女性はシニアになっても、キレイでありたいし、楽しみたいし、新しい出会いが欲しい。

一方、身体や環境は変化し、これまでと楽しみ方は急速に変化せざるおえない。そんな時に何をすればいいのか、どう楽しめばいいのか迷われているシニア女性が沢山います。

大手企業がリーチ出来なかったニッチサービスに隠れた特需あり

シニア女性はどんな商品サービスを求めているんでしょうか? 優先順位は人それぞれですが、主に、健康・ダイエット、人間関係・愛(不仲・離婚を含む)、つながり・コミュニティに関するものが必要とされています。

平日朝から夕方までのテレビコマーシャルは、今やすべてシニア層ターゲットです。お金も時間もある女性シニア層がどんなことに悩んでいるかのヒントが沢山隠れていますので、どんなCMが流れているのかチェックしてみるのもいいでしょう。

個人起業家がシニア層ターゲットをどう集客したらいいのか?

シニア層を集客するために重要なのは、まずリアルにお会いすることです。リアルにお会いして面識をつくり、つながりを作ります。シニア女性層をどうビジネスにつなげればいいでしょうか?

まずリアルでお会いしてFacebookでつながろう

オススメは、リアルでお会いしたらFacebook友達として繋がること。シニア層の多くは孫の顔が見たくてFacebookはチェックしています。しかもFacebookでつながっている人数が少ないですから、もしあなたがFacebookで自分のコトや商品サービスのコトを投稿すれば、その人のFacebookタイムラインに高頻度で登場することになります。

Facebookで見たら「いいね」「コメント」をしてもらうよう伝えておきましょう。そうすることで、あなたとの関係性が深まり、ビジネスにつなげることが出来ますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事