2019年女性起業家がやるべきことは、YouTubeを活用すること


SNS集客についてはだいたい2年から5年のスパンでメディアが入れ替わっていきます。 例えば最近までかなり有効だった SNS 集客の代表例は Facebook です。これが最近では 、業種によってはインスタグラムに移行してきていたります。

では次にどんな SNS 集客は有効になるのかと言うと、女性起業家が女性をターゲットする場合には、ほぼ間違いなく YouTube が有効になります。

なぜかといえば、 YouTubeに投稿するのはまだ男性の方が圧倒的に多く、女性による投稿はまだまだ非常に少ない状態です。

なぜかといえば、やはり男性の方がパソコンやカメラなどの扱いが好きで、女性は苦手な人が多いからです。

例えば、ヨガのレッスンをYoutubeにアップするのは、海外ではかなり一般的になってきています。日本人女性による投稿で人気になっている人(団体)は主に二人しかいません。一方、海外のヨガYoutuberは、10万人〜30万人のフォロワーがいる人がたくさんいるのです。

私自身がヨガをする時に、よく見るヨガYoutuberは、最初はアパートの一室でヨガ動画を撮影し YouTube にアップロードしていました。それがどんどんフォロワーが増えていき、収入がかなり上がったこともあるのでしょう。ある時から、動画の撮影場所が庭付きの巨大な家に変わりました。

このように女性起業家はまだまだ YouTube の活用が進んでいないのが現状。 これから通信環境が2020年以降5G環境に変わると、2時間の映画がわずか2秒でダウンロードできるようになります。

どんな動画を、どう動画を撮影すればいいの?

まず最初は、自分の自己紹介動画を撮影してみましょう。
時間は2〜3分程度、スマホで撮影したもので十分です。
自己紹介動画を撮影し、自分のブログなどにリンクを貼り付けるといいでしょう。

スマホ撮影で最初は十分

最近のスマホだと、画面側にあるインカメラでも十分な画質を確保できますので、自分がどう写っているのか確認しながら撮影もできます。

ちなみに著者のYoutube動画も、iPhoneのインカメラで撮影したものがほとんどです、

最初は自分の動画をみて皆んな落ち込むもの

動画で撮影した自分の喋りを観ると、きっとガックリきます。私は初めて自分の動画を観たときには、ホントに自分にがっくりきました。

3回撮り直したのですが、やっぱりガックリきたのでそこで諦めて思い切ってYoutubeへアップしたのを覚えています。

最初は皆んなそんなものです。あまり気にせずアップして、だんだん上手になってきたら、古いのは削除するくらいのつもりでいいでしょう。

動画撮影するときのポイントは?

動画撮影すると自分のいろいろな欠点に気づくと思います。

でも細かいところは気にせず、最初は以下のポイントだけ抑えてみてください。

話し方:

ポイントは以下の5つを気に留めてみましょう。

  1. ハッキリ大きな声で話す
  2. レンズとアイコンタクトする
  3. 普段より1.5倍速で話す
  4. 身振り手振りをいれる
  5. 笑顔20%

動画撮影すると話し方教室に行きたくなるものですが、実際にはこの5ポイントで十分です。アナウンサーのような話し方より、気持ちをこめて話している人の方がずっと魅力的です。気持ちをこめて話してみましょう。

話す内容

話す内容の三つのポイント


1.伝える内容は一つに絞る。

2.結論、得られる内容を最初に伝える

3.例え話し・実例を入れる

動画においては1分あたりの情報量がとても重要です。伝える相手を絞り、伝える内容も1つ、多くても2つ程度にしぼりましょう。

撮影

撮影する時の三つのポイント
 

1.目線もしくは目線より少し上から撮る

2.照明は明るくする

3.できればマイクを使おう

撮影はプロっぽくしたくなるものですが、実は帰って手作り感のある動画の方が人気が出たりします。その証拠にユーチューバーは自宅での撮影が圧倒的に多いのです。 細かいことを気にせずまずは撮って投稿してみましょう。

おすすめの機材

最初はスマホと三脚だけの撮影で十分ですが、少し慣れてきたら照明とマイクを使ってみましょう。

三脚は高さが調整できるものがいい。

例えばコチラ

照明

最初は1つ、できれば2つあるとほぼ完璧です。

照明用三脚もお忘れなく

ピンマイクを使うなら

最後に

女性起業家は見た目を気にするばかりに動画になかなかチャレンジをしません。完璧になったら動画にチャレンジしようではいつまでたっても始まりません。

出来るからやるのではなく、やっているから出来るようにになるのです。女性起業家にとって YouTube はチャンスがたくさん埋まっている場所。是非怖がらずにどんどんチャレンジしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事