2019年にトレンドになるマーケティング・集客方法のポイントまとめ!海外マーケターからの情報も合わせてお伝えします!

2019年、どんなマーケティング・集客のトレンドに移り変わっていくのか、その最新情報を欧米のマーケターのYoutubeやブログから集めてみました!

 

この3年でマーケティング・集客はSNSを中心として大きく変化してきました。でも、来年は例年以上に大きな変化がありそうです。ではさっそく最新お得な情報をお話していきましょう!

 

1つ目:お客様と接触するチャンネルを増やすこと

 

2019年には、複数のSNS、Youtube、ブログ、ウェブサイト、メルマガ、Line@など、複数のチャンネルから集客する流れが加速していきます。

 

これまで国内では、FacebookなどのSNSだけ、ブログだけから集客している起業家が多かったですし、それなりに稼ぐこともできました。しかし、2019年以降は複数のチャンネル、例えばSNSのFacebookだけでなく、Twitterを使う、Youtubeを使う、ウェブサイト、広告を使うなど、複数のチャンネルからお客様にアプローチする必要がより出てきます。1人のお客様に対して、いろんなチャンネルで接触を複数回して顧客化していくことが今後とても大事になってくるのです。

 

すでに大手企業では複数チャンネルからのアプローチ(オムニマーケティング)が常識になりつつありますが、それが個人起業家やスモールビジネスでも広がっていきます。これはインターネットビジネスの成熟にともなった必然的な流れなのです。

 

2019年には複数のチャンネルを使えない人は、使っている人たちに差をつけられてしまいます。自分のお客様により効果的にアプローチするために、より多くのお客様を獲得するために、複数のチャンネルを効果的に使っていきましょう!

 

2つ目:マーケティング集客から販売までの自動化

 

1つ目にも関わるのですが、SNSやYoutube、ブログなどで出会った見込みのお客様を、メルマガやLINE@やチャットボットに誘導して、そこで価値をしっかり提供し、信頼してもらった上で優良顧客に変えていく。この一連の仕組みづくりがより必要となってきます。

 

その反動でこれからは、SNS集客のみ、アメブロ集客のみのといった、ちょっと古いスタイルの人たちはお客様を取りづらくなっていくことでしょう。2019年は、しっかり集客販売の仕組み化をする、お客様が顧客化するまでのマーケティングストーリーを考え、1つ1つ実現していきましょう!

 

3つ目:お客様へ自動応答するチャットボットの活用

 

お客様との「チャット(会話)」、それにロボットを組み合わせた造語チャットボット。お客様からの質問や問い合わせに自動応答できるプログラム、アプリです。

 

これまでは価格が高く個人起業家やスモールビジネスオーナーには使いづらかったのですが、ここ最近無料で使えるチャットボットが増えてきており、2019年には一気に利用する人が拡大していきます。

 

例えば、LINE@にも自動応答機能がついています。フェイスブックメッセンジャーにもbot機能が無料でついています。

 

そのような自動応答機能をより有効活用して、より沢山の人を集客できる方法があるのです。例えば有望な顧客層だけを、チャットボットによって振り分けて販売していく方法。これはとても有効で売れます!

一方で買わなかった見込み客は、もう少しお客様にいろいろな情報を提供して満足していただいた上で、お客様になっていただく話し、その流れをチャットボットで作っていきます。

 

字数の関係上、実際の作り方は割愛しますが、意外とカンタンにチャットボットを使って集客できるので活用してみる価値は高いと感じました。

 

地方ビジネスであれば、あえて方言を自動応答で使って発信することで、より親しみを持ってもらうことも出来るんですよ。

 

4つ目:お客様の知りたい情報を隠さず明示する

2019年以降、とくに意識してほしいのは、ブログやメルマガで情報の出し惜しみをしないことです。お客様の知りたい情報については、すぐに答えを得られるようにすることが益々重要になってきます。

 

お客様の情報検索スキルがより向上してきており、曖昧なことばかり言う記事・コンテンツはもう相手にされないのです。

 

先を走っている海外マーケター達は、情報を隠したりせずドンドン発信しろと繰り返し強く言っています。

 

発信した上で信用、信頼してもらって、良いお客様と出会うのです。情報の出し惜しみをしているのは5年前のやり方です。

 

お客様に情報を提供し、その後どう顧客になってもらうかのストーリーを考えてください。これは私のサービスの1つにもなっているのですが、ブランディングストーリーを考えてみるといいでしょう。

 

例えば、あなたのブログ記事を読んだ「ヒロ」さんがいるとします。そのヒロさんが、そのブログを見たときに少なくとも次の3つがパっとすぐに分かるようにしておくといいですよ。

 

1どんな商品サービスを提供しているのか

2どのような方法でお客様を手助けするのか

3お客様は次に何をすればいいのか(例えばメルマガに登録など)

 

こういったブランディングストーリーがシッカリと綿密にイメージできていればいるほど、優良顧客をとれる可能性がグングンアップしていきます!

 

5つ目:今後ますます動画だけがお客様を欲しい気持ちにさせる

「動画が来る!」という「来る来る詐欺」が2年ほど前まで言われていましたが、ここ最近、国内でも動画による集客とクロージングがものすごく増えました。

 

なぜ動画なのか?

 

文字だけ、画像と文字だけより、動画の方が圧倒的に「リアル(現実)」に近い、情報量が圧倒的に多くて有利なのです。

 

見たことも会ったこともない人から買うのは不安ですが、動画を何度も見ることによって見込み客は信用し、信頼してくれます。

 

私の動画をみてきてくれたお客様は、みな口を揃えて「初めて会った気がしない」とおっしゃいます。

(私は初めてお会いするので不思議な感じがします・・笑)

 

2020年になると5G通信によって、2時間の映画がスマホに3秒でダウンロードできるようになります。その時に動画をシッカリ揃えている起業家がさらに売上を伸ばしていくでしょうね。

 

少し余談になりますが、アメリカのマーケターはポッドキャストからの音声ファイルの発信も有効になるだろうと言っています。

 

解説動画はこちらから!

解説動画を作ってみました。

こちらをクリック

 

まとめ

以上5つのポイントいかがだったでしょうか?

これらのトレンドやポイントを抑えて、2019年を飛躍の年としてくださいね。

 

  • 1つ目:お客様と接触するチャンネルを増やすこと、複数のSNSやブログを使うことが当たり前になる。
  • 見込みのお客様との接点を増やそう。また、1人のお客様と複数のチャンネルでいろんな角度で接触してみよう
  • 2つ目:マーケティング集客から販売までの自動化をしよう。Facebookやブログからだけの集客ではもう難しくなっていく。しっかり仕組みを創ること
  • 3つ目:お客様に自動応答するチャットボットの活用。無料の自動応答ツールが使えるようになったことで、2019年は起業家・スモールビジネスで一気に広まることになりそう
  • 4つ目:お客様の知りたい情報を隠さず明示する。もう出し惜しみするスタイルは古臭い。お客様にちゃんと情報開示して信用信頼してもらうこと。
  • 5つ目:とにかく動画!今後動画だけがお客様を欲しい気持ちにさせる。2020年以降は、5G通信がリリースされるので動画だけがお客様を魅了することになる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事