ブログやメルマガに、ノウハウを書けば書くほど売れない本当の理由とは?

ブログやメルマガからもっと商品サービスが売れたらいいと思いませんか? きちんと記事をかければ、もっとアクセスが増えて、ファンがどんどん増えていくようになって、収入が増え安定していきます。

そのためにとても大切になるのは、
ブログやメルマガにはノウハウはほとんど書かないという選択です。

多くの企業や個人起業家さんが、ノウハウをたくさん一生懸命にブログやメルマガで伝えようとしています。他のライバルよりいい情報を一生懸命伝えてウチは本物だとわかってほしい。ここなら大丈夫だとわかってほしい気持ちが強くかえって販売を阻害しているケースが沢山みられます。

私はとくにメルマガにおいては「ノウハウは、1行から2行しか欠かないこと」とクライアントさんによく言っています。その理由はなんでしょうか?

ノウハウを伝えれば伝えるほど売れないワケ

講座、先生ビジネスはとても整体院に似ています。
例えば、

「あなたは今どこが痛いんですか?」と聞き、
「あー、腰が痛いんですね、どんなふうに痛いんですか?」

と質問します。

「なるほど、この腰の痛みならばすぐに治りますよ」

「腰の痛みがなくなったら、朝起き上がるのもどこか遠くに行く時も、腰の痛みを気にせずに何でもできるようになりますよ」(お客さんはどうなれるのか?を伝える)

「その腰の問題は、実は股関節からきてるんですね」(ノウハウ・知識提供)

「ウチの整体院に来たら直してあげますよ」(行動を促す)


この流れのように、ノウハウ知識提供はほとんどありません。


患者さんは、このように受け答えしてもらったら、その整体院で治したくなるのではないでしょうか。ブログやメルマガも同じです。

例えばここで「あなたの股間節はこうなっているから、こういう問題があって、その治し方は〜」なんて詳しい説明をされても、逆に行く気がなくなってしまいます。なぜなら、自分が治るのか治らないのかにしかお客さんは興味がないからです。ノウハウは1〜2行あればじつは十分なんですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事