SNSを使ったコミュニティ作りとは?ファン獲得・収益安定化に役立つポイントをお伝えします!



SNSを使ったコミュニティーづくりは、ファン獲得だけでなく、安定収入やビジネスの横展開を生む重要な戦略です。そのため最近では海外マーケターの間では「コミュニティづくり」の話題が非常に盛んになっています。SNSでコミュニティを作りとは?その戦略やポイントはなんなのか?分かりやすくお教えします。

 


SNSを利用したコミュニティづくりと目的は?


SNSを利用したコミュニティ作りと目的を要約すると、複数のSNSから主にウェブサイト、そしてメルマガに誘導し、そこであなたの見込み客集団としてのコミュニティを大きくしていくことです。

 


さまざまなマーケティング手法がありますが、昔から言われているファン作りや見込み客を柵に入れることとほぼ同じと考えていいでしょう。その方法が今は「複数のSNS」を効果的に利用して「コミュニティ作り出す」という言葉になっているのです。

 


過去を売り手とお客様の関係でしたが、いまはSNSを利用してお客様同士のコミュニケーションを取れるようにして、内部で盛り上がる仕掛けを作るのも重要な手法となってきています。では1つ1つ解説していきましょう。

 


複数のSNSから役立つ情報を発信する



数年前まではTwitterだけ、Facebookだけを使ったSNSマーケティングでしたが、ここ数年アメリカだけでなく日本においても複数のSNSを使ったマーケティングが普通になってきました。

 

企業がまず始め、いまでは個人起業家でもFacebook、Instagram、Twitter、Youtubeなど複数のSNSを利用するようになっています。Pinterestも徐々に人気が出てきているので要チェックSNSです。(私もファッションチェックは、最近ほぼPinterestですね)

 


これら複数のSNSを利用する目的は、「あなたのコミュニティを育てる」ことを目的としてみましょう。それぞれのSNSから役に立つ情報を発信し、あなたのコミュニティを育てるために使うのです。


それぞれのSNS、つまり違うチャンネルには、タイプの違った顧客層がいます。そこで新しく出会った見込み客をあなたのコミュニティに呼び込みましょう。

 


複数SNSからの誘導先はウェブサイトやブログを経由したメルマガ・LINE@



違うSNSに情報を発信し、あなたのウェブサイトに来てもらいましょう。


いろいろ海外マーケターの集客の流れを見てみましたが、ほとんど全てコミュニティの中心はウェブサイトになっています。

 


もうちょっと細かく見ると、ウェブサイト・ブログに着地させてメルマガ・LINE@への登録がゴールです。

 


それぞれのSNSチャンネルに流す情報はまったく別の情報である必要はありません。別の情報にする必要はないんですが、それぞれのSNSの特性に合わせて投稿の方法や回数を変える、戦略を変えてみるといいでしょう。

 

例えばTwitterなら1日10回投稿、Facebookは2日に1回、ブログ・ウェブサイトは週に3回などと決めて1つ1つ丁寧に実行してみるといいですよ。

 


お客様同士をつなげるとコミュニティはより強化される



お客様になった人たちがより仲良くなれるプラットフォームになると、お客様はその売り手から離れられなくなっていきます。直接ビジネスと関係ないことでもいいのです。

 


例えば顧客同士がゴルフに行く「ゴルフ部」をあなたのコミュニティの中に作るのもいいでしょう。そこに所属しているから仲間と会える仕掛け作りをするのです。

 


ツールとしてFacebook内にグループを作ってあげて、顧客同士がコミュニケーションしやすくするのもいいですね。

 


SNS広告を利用してコミュニティ拡大を加速させる



コミュニティの拡大を加速させるためにSNS広告を利用するのもいいでしょう。つまり、SNS広告からメルマガやLINE@に登録してもらい、そこからさらに、ウェブサイトやメルマガを通してよりファンになってもらい購入ステージに移っていってもらうのです。

 


5年前にはSNS広告はほとんど使えるものがありませんでした。それが今ではほぼ全てのSNSで広告をカンタンに出すことができ、コミュニティ作りに役に立ちます。

 


短期ビジネス6割:長期熟成ビジネス4割くらいの割合で投稿しよう



とくに個人や中小規模の会社であれば、短期的に稼いでいけるビジネスも必要です。でも短期的稼ぎにつながる投稿ばかりだと見込み客から嫌がられコミュニティは拡大していきません。

 


コミュニティへ誘導して徐々にお客様になっていただけるのも意識して、短期ビジネス6割:長期熟成ビジネス4割くらいの割合で投稿していくといいでしょう。


ライバルのSNSマーケティング戦略を調べてみて活かそう



ライバルがどのようにSNSを使っているか、どのような投稿をしているかを知ることであなたはより効果的に集客できるようになります。

まったくそのままマネるためではなく、どのようなキーワードを使っているのか、反応率の良い投稿や広告はどのようなものなのかを調べて、自分の投稿や広告に活かしていくのです。これをすることで時間と資金をかなり抑えて成長していくことができます。


まとめ



  • 「複数のSNS」を効果的に利用して「コミュニティ」を作りそう
  • コミュニティによる顧客化、コミュニティによる既存顧客の離脱防止が図れる
  • 複数SNSからの誘導先はウェブサイトやブログを経由したメルマガ・LINE@
  • お客様同士をつなげるとコミュニティはより強化される
  • SNS広告を利用してコミュニティ拡大を加速させる
  • 短期ビジネス6割:長期熟成ビジネス4割くらいの割合で投稿しよう
  • ライバルのSNSマーケティング戦略を調べてみて活かそう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事