Facebook、ブログ、メルマガ 投稿のお作法とは?

Facebook、ブログ、メルマガ

投稿のお作法、結構難しいんですよね。

 
 
そのお作法を知るために大切なのは、メディアを使った自分とお客様との立ち位置です。
 
ここが分かっていないと「キモチ悪い人」になりかねません。
私がクライアントさんに、この説明をすると、クライアントさんのお客様の反応がすぐ変わる、今日はそんなお話をしたいと思います。
 
 

Facebookの立ち位置

まずFacebookとは、「駅前パフォーマンス」です
 
じつはFacebook投稿とは、アナタが住んでいる駅前で、通りすがりの人たちに向けて話しかけている政治家や、ビラ配りの人とあまり変わりがありません。
 
 
例えば、Facebook投稿を朝と夕方するというコトは、駅前に朝と夕方立って、通りすがりの人に語りかける政治家のようなものです。
だから駅前に立てば立つほど(投稿すればするほど)、多くの人がアナタのことを覚え、親しみをもってくれるなっていきます。(もちろん適切にやれば)
 
 
またFacebookでブログやメルマガの動線をつけるのは、駅前でビラを配るのと同じワケです。
 
この駅前パフォーマンスの感覚が分かると、「自撮りおはよう」投稿してる人=駅前で「おはようございます」してる政治家、投稿にURLをつける=ビラ配りという感覚が分かっていただけると思います。ですから、あなたが駅前で「おはよう政治家」になるのか、手にとってもらえるビラを配るのか、どんなパフォーマンスをするのか、センスが問われるワケです。
 
 
ちなみに私は、いろいろな投稿を織り交ぜています。
いろいろテストしてみて「いいね」や「コメント」が沢山つくようなら、また内容を変えて投稿するといいでしょう。
 
 
 
<ブログは、お店でお客様を待っている状態です>
 
 
常連のお客様や、通りすがりお客様が店に来てくれるのを待っています。
 
 
良いモノ(情報)が無ければ、お客様はすぐに帰ってしまいますし、逆にあれば、お店の人(アナタ)に話かけてくるかもしれません。
 
 

ブログの立ち位置

 
ブログとはお店。
 
 
だとすれば、入ってきたお客様にツカツカと近づいていって、あれこれ売りこもうとすると嫌わるのが分かるでしょう?
 
 
物販系ならいいですが、
情報サービス系だとブログでは売りずらいです。
ブログに何度もリピートしてくれる人なんて、ほとんどいません。
 
 
お店にちょっと入ってきて、チョコチョコっと情報を見る程度では、お金を払うレベルまで行かないんですよ。
情報サービス系の人は、メルマガを使ってくださいね。
 
 
メルマガの立ち位置
 
メルマガはテレビ放送です。
 
メルマガリストを獲得するというコトは、お客様の家のテレビに、あなたの作った番組が映せるのと同じです。
番組タイトルをみて、オモシロそうだと思ったら、その番組を見てくれます。
 
 
つまり、メールフォルダーに届いたアナタのメルマガのタイトルが、もしオモシロそうならば、開いて読み始めてみる、読み始めてつまらなかったらチャンネルを変える、テレビを消す、そんなイメージです。
 
 
メルマガは、お客様の家に番組を映すようなものですから、買いたくなるような番組を作ることができれば商品が売れます。
あんまりノウハウばかり書くとNHKみたいで飽きちゃうし、娯楽番組すぎても信頼されません。
 
 
こうやって考えてみると、究極の話、Facebookからメルマガに誘導して、メルマガから商品を売るのが実は最短最速の販売法なんですね。
 
 
なのに、ほとんどの人がメルマガを始めません。
 
 
Facebookとブログだけ??
それじゃ、お小遣い稼ぎ程度。
 
 
メルマガのアイディアが思い浮かばない??
 
 
思い浮かばないんじゃなくて、
自分では出来ないって勝手に思い込んでるだけですよ。
 
 
僕もその昔そうだったように、メルマガを始めるのって最初勇気がいるんだと思います。
 
 
だから、四の五の言わずにメルマガスタンドを今日申し込んでください。
 
 
申し込んだら、腹が決まりますから。
 
 
やらなきゃいけない状況を作っちゃう。
 
 
成功する人は、そういうコトを楽しみながらするのが、すごく上手です。

ムダなく失敗なく起業するにはどうすればいいのか?40才から2年で8億築いた起業家が教える 最短最速で失敗せずにビジネスが立ち上がるモデリング起業メールトレーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事