「音声検索」への対策がSEOの重要ポイントになる? 声で検索する時代に向けて準備をしよう!

 

最近、音声による検索が身近になってきたと思いませんか?

アメリカでは2019から2020年が音声検索の節目と考えられており対策が進んでいます。いったいどのような状況で、どんな対策が取られているのでしょうか?

 

2020年に検索の半分は音声検索になる

いま現在で、成人4割が音声検索を利用しており、ほとんどの学生は音声検索を日常的に使っているとの調査があります。またデジタル市場分析会社のコムスコアは、2020年にはGoogle検索の半分は音声検索になると予想しています。

 

出典:Rio SEO Webliner

 

そのためアメリカでは2019年が音声検索に対策する重要な節目としてマーケティング界でちょっとした騒ぎになっているのです。これらの調査はアメリカのものですが、便利さに関することについては遅かれ早かれ日本においても同様になることが予想されます。

 

私は現在40代ですが、Google Mapを使って経路を調べるときには必ず音声検索で目的地を入れますし、検索ではないですが、iPhoneのSiri機能を使ってリマインダーや目覚ましをよく設定しています。私の姪っ子はまだ幼稚園児ですが、音声検索機能を使いYoutubeから好きなアニメを当たり前に呼び出して見ているとのことでした。

 

音声検索が当たり前になる、ほんとの入り口にいる感じがありますよね。

 

音声検索に対するSEO対策のポイントとは?

マーケティングで先行するアメリカでの対策を調べてみたところ、主に以下の2つのポイントがありました。

 

1.サイト(記事)表示が早くされるよう工夫すること

2.検索に対する答えがすぐに得られるようにすること

3.音声検索の内容が聞かれても恥ずかしくないことにフォーカスすること

 

特にこれからポイントになってくるのは、検索するときにはより長い質問、複数のキーワード検索によるピンポイントの答えを即時に提供できるようにすることがより重要になってくることです。これは音声検索だけでなく、文字入力検索においても同じです。

 

「音声検索」して動画をみるのが当たり前になる

 

AmazonがEcho Spot(エコースポット)という「スクリーン付きスマートスピーカー」をリリースしました。話しかけるだけで、ニュースや天気や鉄道運行状況を画面表示してくれるのです。

 

音声で入力をして、動画でみるというのは家庭内でとても便利です。これから家のキッチン、トイレ、風呂にも実装されていくのではないでしょうか。実際それを見越して、Delish Kitchenでは料理動画を毎日3本以上アップロードしています。

 

また2020年には5Gがリリースされ、スマホでも2時間の映画が3秒でダウンロードできるようになるのです。より音声→動画チェックが増えていくのは間違いありません。

 

まとめ

以上いかがだったでしょうか。まだ自分のビジネスに対して置き換えられない、イメージが出来ない人も多いと思います。大切なことはまず自分が一定時間続けて音声検索を使い続けてみることです。新しい機能は使わないとイメージできません。私も引き続き自分が使用し、そしてアメリカの最新マーケティング事情からアップデート情報をお伝えするようにしていきますね。

 

  • 2020年には検索の半分は音声検索へ
  • サイト(記事)表示が早くされるよう工夫すること
  • 検索に対する答えがすぐに得られるようにすること
  • 音声検索の内容が聞かれても恥ずかしくないことにフォーカスすること
  • 音声検索→動画をチェックするのがより身近になってくる

ムダなく失敗なく起業するにはどうすればいいのか?40才から2年で8億築いた起業家が教える 最短最速で失敗せずにビジネスが立ち上がるモデリング起業メールトレーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事