「facebook集客は終わったのか??」

先週、デジタルマーケティングに詳しい方とfacebook集客について話してきました。二人の話し合いの結論は、「ほぼ終わった」

facebook社は生き残りをかけている

昨年はフェイスブック社にとって試練の年、個人の権利にうるさいアメリカでの複数回あったフェイスブックの個人データの不正利用問題の結果、アメリカでは26%がフェイスブックのアプリを削除したりしています(参考記事:Americans are changing their relationships with facebookhttps://www.pewresearch.org/fact-tank/2018/09/05/americans-are-changing-their-relationship-with-facebook/

特に10代での利用率の低下は顕著で2015年の利用率は71%だったのに、20%近くさげているようです。(参考記事:Forbes,米国10代のフェイスブック離れ鮮明、利用率は50%に低下https://forbesjapan.com/articles/detail/21372)

facebookはリーチするアルゴリズムを大きく変更したもよう

これからのfacebook社にとっての悪い流れを受けて、facebookはより純粋な友達同士とのつながりを重視する方針に転換したようです。もっとも大きな変化が感じられるのは拡散アルゴリズム、かなり変わりました。

2年前と違い、今はほぼ、つながりの強い友達にしか、投稿がリーチしてません。商業利用している人を、facebook側がAIで判断して規制しているという噂もあります。(真偽は不明)

それに投稿ノウハウが広く出回ったので、ますます集客ツールとしてオワコン化しつつあります。

集客に使うなら改めてfacebookページを

個人ページではなかなか上手くいっていないようですが、一部の人たちはfacebookページを(会社名ではなく)個人名として登録して、自社商品サービスの紹介などを積極的に行ってうまく行っているケースがあるようです。拡散もそれなりにしているとの事例を聞いていますので試してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事