インスタグラムからの集客をより効果的にする3ポイントとは?インスタ集客で迷いのある人は要チェック!

インスタグラムから集客できる人が一気に増えてきました。

ここ数年で一気にユーザー数が拡大したことと、集客方法が確立してきたからです。

 

ポイント1:投稿スタイルを決める

投稿スタイルは大きく2タイプ。

さらに最近1タイプ増えて3タイプと言っていいかもしれません。

どちらのスタイルで行くかまずは決めましょう。

 

 

1つ目:自分の作品や画像を投稿するタイプ

例えば、自分の描いた絵やフラワーアートの作品、ファッション画像などを自分のプロフィールに並べて投稿していくスタイルです。自分の作品やスタイルを気にいってくれた人がお客様になってくれる可能性があります。

いまはBASEなどのプラットフォームとリンクさせて、画像から直接販売できるようになったので商品販売する人は利用してみてください。

 

2つ目:自分の世界観・ライフスタイルを投稿するタイプ

自分の作品や商品だけでなく、自分のライフスタイルも投稿していくタイプです。あなたの作品や商品は、あなたの世界感、あなたのライフスタイルの一部です。フォロワーになってくれた人は、その作品や商品がどのような背景をもって作られたのかを知りたいと思っています。その背景、世界観、ライフスタイルを投稿してみてください。

 

3つ目?:Facebookやブログのような集客投稿

Facebookやアメブロなのでよく見かける、お客様のビフォーアフターを画像で加工して投稿するスタイルが徐々に増えてきました。露骨に集客していくスタイルです。Facebookでは2015年から3年間ほど一気に増えたスタイルで、画像に文字を入れて目を引き、記事ではしっかりと商品などについて紹介していく売込みスタイルです。私はこのスタイルは今後数年で一気にインスタグラムで増えていくと思います。おそらく集客に成功する人も多く出ることでしょう。ただし、このような投稿が増えると一気にインスタというメディアから人が離れてしまう可能性が高く、腹を決めてやるなら今後2〜3年がんばってみるといいでしょう。

 

ポイント2:プロフィールが良ければフォロワーは増える

フォロワーになるかならないかは、プロフィールを見て判断されます。

 

プロフィールは、読みやすく5行程度の箇条書きにしましょう。

パッと見て読みずらいと思ったら、もうフォロワーになろうとしません。

何をしている人か、このインスタではどんな投稿をしているのかを最初の2行までに書きましょう。そしてビジネスにつながるような数行を入れ、自分のブログやウェブサイトなどより詳しく自分を知ってもられるURLを付けましょう。

 

ポイント3:ゴールを決めること

インスタを見た見込みとなるお客様に、次にどう行動してもらいたいのかというゴールを決めましょう。

 

例えば作品をインスタから直接買ってもらいたいというゴールなのか、それとも投稿をみて興味をもってもらった人に自分のブログに来てもらいたいのか、それともLINE@やメルマガに登録してもらいたいのか、ゴールを決めてその受け皿を作るのです。

 

ゴールが決まれば、それを目指すためにどんな投稿をすればいいかハッキリしてきますし、受け皿となるメディアや登録フォームを具体的に用意することができます。インスタからさらに先の集客の流れについては別途、記事と動画がありますので参考にしてみてください。

 

関連記事と動画

これからSNS集客する人が成功するためのポイントとコツとは?

動画はこちらをクリック!

 

こちらの内容を解説した動画はこちら

動画にまとめてみましたのでよかったらチェックしてみてくださいね。
https://youtu.be/9nGZ44-jek4(3分24秒)

 

まとめ

  • インスタ集客を効果的にするのは3つのポイントをおさえる
  • ポイント1:2種類の投稿スタイルから1つ選ぶ
  • 1つ目は作品などを並べる投稿スタイル
  • 2つ目は世界観・ライフスタイルを投稿するスタイル
  • ポイント2:プロフィールを適切に設定する
  • 箇条書き5行程度
  • 最初の2行で、何をしているか、何を投稿するかを明確化する
  • ポイント3:ゴールを決める
  • 次にどう行動してもらいたいかを決める
  • そう行動してもらうための投稿、導線を作ろう
  • 動画はこちらから→ https://youtu.be/9nGZ44-jek4

ムダなく失敗なく起業するにはどうすればいいのか?40才から2年で8億築いた起業家が教える 最短最速で失敗せずにビジネスが立ち上がるモデリング起業メールトレーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事