これからSNS集客する人が成功するための方法やコツとは?ポイントを押さえて仕掛けを作ろう!

SNS集客のコツは、ズバリ仕掛けをちゃんと作ること。投稿を見た人が、どのように商品サービスに辿り着いて購入するか、そのスムーズな流れのカラクリを作るのです。

 

具体的にどのような流れにすればいいのか?

その仕掛けは具体的にどういうものか?

 

これからSNS集客する人にも、もっと効果的にSNS集客したい人にも分かりやすく解説します。

 

【図解】SNS集客スタート時期はこの流れで顧客をつかもう!

SNS集客を始めたてのころは、この図の流れが負担も少なく収益化も早くできます。

SNSから直接申し込んでもらいましょう。

できれば「フォームズ」で申し込みフォームを作るなり、「ペライチ」などでお申込みページを作る方がいいです。申し込み率がグッとアップします。

 

セミナー講座をしている人であれば、1万円程度のお試しフロント講座を受けていただいて、そこでより高額な本命サービスをご提案してみるのです。キチンとやれば購入率は30%程度はでるハズです。

 

例えば1万円の講座に10人来ていただいて、15万円の本命サービスが3本売れれば、収入は10万円+45万円=55万円になりますね。

 

インスタグラム、Facebook、アメブロ、Twitter、Youtubeどれを使えばいいの?

 

どのSNSからお客様を集めればいいのかは、「あなたのお客様がいるSNS」から集めるのがポイントです。

 

40代以上であればFacebookに多くの人がいますし、30代以上の女性ならアメブロも有効です。Instagramは10代から30代が少し前まで中心でしたが、いまは40代以上の方も多く入ってきています。TwitterとYoutubeはかなり幅広い世代をカバーしますが、集客するには比較的時間がかかります。

 

もっとも集客しやすいのはFacebook、インスタ集客はこれからどうなるか?

日本でも海外でも今のところはFacebookがもっとも集客しやすいSNSですね。この流れがインスタへとどう移行していくか、どう移行していくのか、そんな話が国内外マーケターで話題になっています。私はインスタは近いうちにFacebookのようにビジネスユースだらけになるのではないかと考えています。ただしビジネスユースで使える賞味期限はフェイスブックよりグッと短いでしょう。

 

動画での解説はこちらから

動画でわかりやすく解説してみました。

さらに詳しく知りたい方はこちらからご覧ください。

 

「集客から販売までのキチンとした仕組みを作る方法」(13分58秒)

まとめ

  • 最初の成長ステージではSNSから直接申し込んでもらおう
  • 拡大ステージに入ったらLINE@やメルマガで教育してから申し込んでもらうこと
  • インスタから商品を直接販売するならBASEを使ってみよう
  • フェイスブックが集客しやすいが、インスタからの集客に移行していく可能性も(別記事を参考のこと)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事