各SNS広告はどれくらいクリックされているのか?アメリカで調査結果が出た!

先日アメリカからFacebookと各SNS広告についての新しい情報が得られたのでシェアしたいと思います。

1つ目は、アメリカでFacebookに対しての嫌悪感がさらに膨らんでおり70%の人たちが否定的な感情、30%が肯定的な感情をいたいているとのことでした。プライバシーの侵害に敏感なアメリカ人の間では、だいぶFacebook離れが加速しているようです。

2つ目は、どのSNS広告をクリックしたことがあるかという調査。

・38%の人がFacebook広告をクリックしたことがある。
・37%の人がInstagram広告をクリックしたことがある。
・14%の人がYoutube広告をクリックしたことがある。
・5%の人がTwitter広告をクリックしたことがある。
・4%の人がPinterest広告をクリックしたことがある。


また、広告をクリックした人のうち・・

70%の人はメインフィードにある広告をクリックした
・36%の人が商品ディスカウント広告が購入につながった


物を売るならば、メインフィードにディスカウントを出すのがコツのようですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事