Youtube動画作成するとき、どんな話し方をすればいいの?

YouTubeでどのように話せばいいんだろう?と悩まれる方もいると思います。特に情報系ビジネスをしている方は先生のように威厳を持って話しているYouTube動画を作るべきなのか、それとももっと軽く話した方がいいのか、スタジオで撮影すべきなのか、などいろいろ考えてしまうかもしれません。今日はそんな疑問を解消するお答えをお教えします!

YouTubeは少し目上の人へのテレビ電話と思おう。

先日YouTubeをよく見る人たちにどんな場面でどのように使っているのかいろいろインタビューをしてきました。どんなYouTubeの話し方が好きでどんな話し方は鼻につくのかざっくばらんに話してもらったのです。その時にとても興味深かったのは、「YouTubeはどちらかと言うと気軽に聞いているので、堅苦しい話し方だと疲れる」と言うものでした。そういう目線でいろいろなYouTubeの動画を見てみるとわかるのは「まるでテレビ電話で話しかけられているような感じがする」と言うものでした。昔であれば電話で先輩に向かって話しかけているようなイメージでしょうか。それぐらいの少し軽さがあったほうがYouTube動画はずっと見やすくなるのです。

YouTubeは視聴者と言うチューバの家と家をつなぐもの

よくYouTubeを見てる友人が言っていたのですが「YouTubeと自分の家がつながっているようなあの感覚が面白いんだよね笑」だからこそYouTubeバーはスタジオで撮影するのではなくほとんど自宅で撮影をしています。この家と家をつなぐ感じを持って、テレビ電話で少し先輩に話しかけるようにしてみると、きっとあなたのYouTubeもぐっと視聴者にとって見やすくなるはずですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事