ターゲット客設定のポイント!こちらからお客さまを選ぶのはなぜ大切なのか?


商品企画、集客戦略を考えるときに、「どんなお客様をターゲットにするか?」というのはとても重要です。中でも大事になるのが「こちらからお客様を選ぶ」という感覚です。

私たちは普通に生きているだけでも、無条件に好いてくれる人が1割、無条件に嫌ってくる人が1割いると言われています。これはビジネスにおいても同様です。またいわゆる8:2の法則と言われるように、2割の顧客が収益の80%を生み出したりします。

つまり、私たちは最初から自分たちを好きになってくれるお客様にアプローチすることによって、自分の才能を最大化できますし、自分のことを必要としない人に無駄に一生懸命になって時間や労力をかけなくてよくなります。

誰からも好かれたいというのは、日本人と(フレンドリーが重要な価値である)アメリカ人の特徴です。フランス人は「相手が自分のことを好きかどうかは気にしない」という国民性で有名でして、それが公私に良い影響をもたらし、生産性は日本を100とした時に、フランスは145もあります。私の知っているフランス人は、夏と冬に2週間ずつ休みをとり、春と秋にも1週間くらい休みます。

生産性を上げる最大のコツは、自分をもっとも必要としてくれる人に対して、自分の才能、つまり他の人より努力しなくても成果を上げられることに集中すること。

自分からお客様を選ぶことによって、自分にとっても、お客様にとっても良好な関係が築けるのですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事