「惹きこまれる文章」の書き方とは?

なかなかブログの読者が増えない・・
読者の滞在時間がぜんぜん伸びない・・
そんなことで悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
今日は、そんな問題を一撃で吹き飛ばし、絶大な効果がある「惹きこまれる文章の書き方」についてお伝えします。

惹きこまれる文章とは?

まずはこの文章を読んでみてください。
=========
「ふざけるんじゃねーよ、お前はもうクビだ!」
オーナーはそう吐き捨てて、後ろ手にドアをバーンと締めて出ていってしまいました・・・
(マジかよ・・、これからどうしよう・・)
(こないだ結婚したばかりなのに、これからどうしよう・・)
奥さんの顔を思い浮かべながら、僕の心臓はドキドキしていました。。
=========
この文章は、私がたった今、即興で考えた文章です。
でもアナタが、
「なんだこれ??」
「この後どうなるんだろう・・」
「続きが読んでみたい・・」
もし少しでもそう思ったなら、私の「惹きこまれる文章」は成功ですね。
これだけブログやメルマガが溢れている状態で、読んでもらえる文章、「惹きこまれて」最後まで読んでしまう文章を書けるコトは、とても重要で、とても価値のあることです。
しかも惹きこまれる文章が書ける人は、確実に惹きこまれるような「オモシロイ話」が出来るようになるのです。

惹きこまれる文章の書き方、そのポイントとは?

ではさっそく、「惹きこまれる文章」の書き方のポイントをお話します。
ポイントは何かと言うと、
「場面設定」をして、そこで何を「見て」「聞いて」「感じたか?」を「ストーリー」として表現すること。
実はたったこれだけ、ムズカシクありません。
先程の文章がどうなっているか見返してみましょう。
=========
「ふざけるんじゃねーよ、お前はもうクビだ!」(←聞いたコト)
オーナーはそう吐き捨てて、後ろ手にドアをバーンと締めて出ていってしまいました・・・(←見たコト)
(マジかよ・・、これからどうしよう・・)(←感じたコト)
(こないだ結婚したばかりなのに、これからどうしよう・・)(←感じたコト)
奥さんの顔を思い浮かべながら(←(心の中で)見たコト)、僕の心臓はドキドキしていました。。(←感じたコト)
=========
どうですか?
実はとてもシンプルに書いてあるだけですね。
例えば、アナタの「今朝の朝食のシーン」を思い出してください。
その「場面設定」で試しにやってみましょう。
・場所はどこでしたか?
・誰がいましたか?
・何がそこに見えますか?
・どんな音や声がしますか?
・その時の体調はどうでしたか?
・何を思っていましたか?
以上のような「見て」「聞いて」「感じた」コトを、ストーリーとして文章展開すると、読者が読んだときにそのシーンが鮮やかに頭の中に立ち上がってきて、無意識に「惹きこまれてしまう」のです。
これは私がコーチングで使っているスキルを、文章に応用しているもので、その効果は絶大です。
例えばあなたの「商品サービスの素晴らしさ」を、ストーリーの中に折り込んで伝えると、人は抵抗感なく無意識に「あなたの商品サービスの素晴らしさ」を「頭の中に描いて取り込んでしまう」からです。
こうなるとほぼ売込みをしなくても、簡単に売れるようになってしまいます。
ホントに効果が大きすぎるので、絶対に悪用しないでくださいね!

まとめ

・惹きこまれる文章にするために、「場面設定」をして、そこで何を「見て」「聞いて」「感じたか?」を「ストーリー」として表現する。
・その場面設定において、「場所はどこで」「誰がいて」「何がそこに見えて」「どんな音や声がするか」「その時の体調はどうか」「何を思ったのか」などをストーリーとして文章化する。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事