毎週金曜日に出してるメルマガをどうやって書いているのか?

私は毎週金曜日、定期的にメルマガを出しています。今の読者数は2700人。メルマガの内容は3部構成になっていて、「最近見て聞いてやってみたこと」「ビジネスに役立つこと(集客、企画、販売クロージング)」「オススメの本」。

普通の人のメルマガは1話完結型だけど、私は1つのメルマガに3つの話を詰め込んで、その人が好きな1部分だけでも週末に読んでもらえればいいと思ってるんですよね。他の人のメルマガを読んでて、みんな同じような書き方や構成だなあと思って、じゃあ自分は別の書き方にしてみようという感じ。

オススメの本コーナーは結構人気みたいで、結構ご感想をもらえて嬉しいです。

どうやって書いてるの?

もうメルマガを出し始めて長いんですが、やっぱメルマガ書くのって少し緊張するんですよ。どんなメルマガを書くかは、その週に起きたことを朝振り返ってみて、自分が面白かったなぁと思う事からピックアップしてます。

「今週は、こんな人とこんな話をしたな」「あそこに行ったのは面白かったな」なんて考えながら、じゃあ、そのどこが読者さんにとって面白いのか、自分にとって面白かったのか、ジョギングしたりしながらボーッと考えておく。

(今日は蔦屋書店にあるタリーズコーヒーで最後の仕上げをしようと出かけました↓)

自分が心が動かなかったことをいくら配信しても、読者の心を動かせるわけがないので、自分が面白いと思ったことを重要視しているわけです。いくら役に立つことだからって、自分の心が動かない話であれば読み手には絶対伝わらないと考えています。

3部構成のうちどこから書くかは決めてません。その時に1番書きたいことを1番最初にどんどん書いていくというのがライティングを早める最大のコツ。「おっ、ここ閃いたぜ!」なんてところから一気に書く。それとカッコつけないよう注意、カッコよく書こうなんて考えていると大抵ろくなものが出来上がりません。

(さてメルマガを書き上げようと思ったら、バッグにパソコンもiPadも入っていなかった!残念・・、エッセイ集を1冊パラパラ読みながらコーヒー飲んで帰りました)

大抵まず音声文字入力で一気にドラフトを作ってしまって、後からいろいろ編集を加えます。編集を加える時にも大抵は2〜3時間あけて頭が覚めてから書き直していくようにします。メルマガを面白くするためには、やっぱりいろいろな体験をその週のうちにすること、増やす事が大事だと思っていて、だから今でも1日1つ何でもいいから新しいことをするようにしています。例えば、全然見たことない分野のYoutube動画を見たり、行ったことない店にランチにいってみたり。

(そういやこないだ初めていったイカと煮干しスープのラーメン屋さんは美味かったな・・)そんな経験の中で手探りしながら一つ一つ捕まえ、メルマガやブログにしていく、体験してなんぼ、これがとても重要じゃないでしょうかね。

メルマガ登録ご希望の方は、下の満席の仕方をクリックしてくださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事