YouTubeだけで集客することは可能なの?

出典:Youtube

先日私のクライアントさんから

「YouTubeだけで集客ができないか?」
「YouTubeにノウハウ動画を投稿したら集客できるのではないか?」


と相談がありました。はたして可能なのでしょうか?

「Youtubeだけ」で集客するのはまだ困難

Youtubeが集客に使えるのは間違いありません。動画はリアルで会うのに近い情報量を与えることが出来るので集客にとても有効なのです。

しかし、2019年時点で「YouTubeだけ」で集客するのはまだ難しいです。

なぜか?
理由は3つあります。

ビジネスターゲットになる年代がまだYoutube慣れしていない

今のところYouTubeを見ている中心的年代は、10代20代です。しかも見ている内容は「ヒカキン」や「はじめしゃちょー」のようにエンターテイメント、バラエティー系が中心です。またノウハウなどの「調べ物系」については、GoogleやYahoo!を使い「テキスト(文字)記事でサラッと調べて終わり」にする人が圧倒的大多数です。

ノウハウを能動的に深く学ぼうとする人は超少数派

自分から積極的に学ぼう、能動的に調べようとする人は、全体からするとものすごく少ないのです。2019年時点では、ノウハウをYoutubeを使って探して学んでいる人はまだまだ超少数派、2020年以降5Gの世界に変われば世界は変わりますが、もう3年くらいは時間が必要です。

ノウハウから申し込みにつなげるのが、そもそも動機として弱い

3つ目、ノウハウ系の投稿から商品サービスの申し込みにつなげるのは、実はとても難しいのです。特に多くの講師の方が勘違いしているのは、すごいノウハウを提供すれば自分の講座に申し込んでくれると思うことですが、大事なのはノウハウではなく、自分がどう変われるのか、どんなものが得られるのか、これをいかに伝えて申し込みにつなげるのかがポイントです。

ではどうYoutubeを集客に活用すればいいのか?

ではどのようにYoutubeを集客に活用すればいいのでしょうか?それは、Youtube動画を自分のウェブサイト、ブログ、メルマガ、SNSで公開することです。Youtube単体で集客するのではなく、他のメディア上から内容を見てもらって、リアルで会っているかのように語りかけ、魅力を感じてもらい、申込みにつなげるようにします。

まずは1分半程度の短い動画から作ってみよう

まずは1分半程度の自己紹介動画や、ちょっとしたノウハウ動画を作り、自分のもっているメディアで公開してみましょう。興味のある人はクリックして見てくれます。動画をみた人のうち上位5%はファンになり、下位5%は無条件で離れていきます。残り90%には繰り返し動画や文字でアプローチするようにして、将来客になってもらう努力をします。

Youtube動画は自宅撮影の方がいい

Youtube動画のいいところは親近感、親しみやすさです。だからかえって自宅で撮影した動画が見るものにとって良かったりするんです。自宅でスマホ撮影でまずは十分ですよ。

まとめ

  1. 2019年時点で「YouTubeだけ」で集客するのはまだ難しい
  2. 理由は3つ
  3. ビジネスターゲットになる年代がまだYoutube慣れしていない
  4. ノウハウを能動的に深く学ぼうとする人は超少数派
  5. ノウハウから申し込みにつなげるのが、そもそも動機として弱い
  6. ではどうYoutubeを集客に活用すればいいのか?
  7. Youtube単体で集客するのではなく、他のメディア上から見てもらう
  8. リアルで会っているかのように語りかけ、魅力を感じてもらい、申込みにつなげるようにします。、申込みにつなげるようにする。
  9. まずは1分半程度の自己紹介動画や、ちょっとしたノウハウ動画を作り、自分のもっているメディアで公開
  10. かえって自宅で撮影した動画が見るものにとって良い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事