学びを効果的にみにつける方法とは?すぐに諦めてしまう人でも大丈夫!

 

欧米のコーチングスキルには使える方法がたくさんあります。その中でも基礎の基礎は「学びをいかに効率よく身につけるか?」ではないでしょうか? でも学びって多くの人はガムシャラに努力するものと思っているかもしれません。実は学びの4レベルを知って、それを上手に活かせばもっと早くたくさんのことがマスターできるのです。

 

学びは4つのレベルに分かれている

学びには4つのレベルがあります。

 

=============

レベル1:知らないことは分からない。

   ↓

レベル2:知ってるけど出来ない

   ↓

レベル3:意識すればできる

   ↓

レベル4:無意識にできる

=============

 

例えば車の運転について、

運転方法をまったく知らなければ、

アクセルもブレーキも何のことか分からず、

車を動かすことができませんよね。

これがレベル1。

 

その次が習ったけれども、

実際には運転ができない状態。

これがレベル2。

 

それが、ぎこちないけれど、

がんばれば運転できる状態。

これがレベル3。

 

私も初めての車の運転は、

とても怖かったなー。

 

最後が、もう息を吸うかのように運転できる。

これがレベル4です。

 

モデルのこまかなステップまで同じようにやる

やり方、ステップが分かったとしても実践できないのは、レベル2と三の間、つまり「知ってるけど出来ない」と「意識すれば出来る」を生き聞いている状態だからです。

見本となるモデルを見つけてください。

 

例えばブログの記事投稿ならば、その人の文章を写経するように自分の言いたいことを上書きしてみましょう。最初は徹底的にマネるのです。

 

やれば出来るの意味

多くの人が出来るようになったらやろう、そう無意識に思っています。でもこれって逆ですよね。「やっているから出来るようになる」。不器用でもやってみましょう。

 

ほとんどのコトは、数時間、数回やってみれば出来るようになってきます。続けるのです。ほとんどの人はちょっと出来るようになるとマスターしたとカンチガイしてやめてそのスキル自体を忘れてしまいます。無意識にできるレベルまで続けるのです。最低20時間続けることができれば、ほとんどのスキルは無意識レベルでできるようになってきます。

 

解説動画

今日のお話を動画にまとめてみました。↓

→学んだノウハウを効果的に身につける方法とは?

 

ムダなく失敗なく起業するにはどうすればいいのか?40才から2年で8億築いた起業家が教える 最短最速で失敗せずにビジネスが立ち上がるモデリング起業メールトレーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事