【動画付き】自己肯定感が200%アップする「マイ年表」の作り方

ちょっと前の話ですが、
小学校5年と6年生のときに
担任になってくれた先生がご退任されたので、
そのお祝い会(同窓会)に行ってきました。

小学校6年間と中学3年間を
ともに過ごした同級生なので、
数十年会ってなくても、すぐに打ち解けます。

ぶっちゃけ話をして、
みんな「ワッハッハ」と笑えば、
年相応に、目尻にシワも寄るけれど、
でも小学生の時の面影はしっかりあるんですよね。

楽しく飲んでる時に、
先生が6年生の時に書いた、
文集を持ってきてくれたので、
みんなで回し読みしました。

自分のを読んで、
その時に自分が考えていたことが
如実に書いてあってびっくり!!

えっ、何が書いてあったかって??

(いや〜〜〜絶対に言えない・・!!)

(お墓まで持ってきます(^^;;  )

でも良かったのは、
それをキッカケとして、
5年前にかいた「マイ年表」を
もう一度、アップデートしてみようと思ったことです。

動画はこちらから↓

自己肯定感が200%アップする!マイ年表の作り方!

マイ年表をやってみたら、沢山の気づき、
そしてメリットがありました!!

超おすすめです、例えば、

・子供のころを思い出して、本来持っている自分の「特徴」や「習性」がいい意味で分かる

・学生のときに、自分がどのように人格形成していったのか客観的に見られる

・大人になって、どのような強みや人間関係をもって、それがどう変わってきたのかが分かる

こうやって、
自分を客観視することで

・自分を好きになって、自分の一番の応援団長になれる

・改めて「強み」や「特徴」が浮き彫りになりビジネスに活かせる

私の本講座では、
ビジネスの商品やコンセプト作りをする時に、
「自分の棚卸し」をしてもらうことがあります。

特にお金〜!だけじゃなくて
「生きがい」なんかを求める人は、
「自分の棚卸し」をやっておくと、
大きく道を間違えることがありません。

作り方はカンタン!
紙でも、エクセルでもワードでもいいので、
まずは年齢ごとに、出来事や、どんな仲間やお付き合いがあったのか、
その時にどんなことを思っていたのかを、思いつくままにまず一旦かいてみましょう。

学生時代の卒業アルバム、
その他の写真があると、
よりイメージが湧くのでいいですよ。

学生時代のアルバムには、
後ろの方に、その時にどんなニュースがあったか、
乗ってたりするので、そうやって最初にざっと書いたものを
肉付けしていったりするとよりいいです。

最近では、100年表という
マイ年表を作るアプリもあるみたいです。

自分のキャラクターブランディングに
とっても役立つのでぜひやってみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事