結果につながるアウトプットに必要な7つのコツ

自然界の絶対法則として、我々は何かしらアウトプットすることでしかリターン、つまり結果を得ることができません。しかしとても多くの人が、一生懸命に努力しアウトプットしているのに、思いどおりの結果が得られていません。結果を出している人たちは、アウトプットするときにどんなことに気をつけているのでしょうか? アウトプット7つのコツをお教えします。

コツ1:ムダなアウトプットをしない

結果を出すために必要なのは、アウトプットの量と質になりますが、量には必ず限界があります。だからこそ、ムダなアウトプットをしないで質をあげるようにしましょう。相手が求めていることを的確に見極め、そのポイントに絞って相手の予想値を超えていくようにすればいいのです。例えば日本の電気製品は「ムダな機能が多すぎる」ことで有名です。ムダな機能が沢山あって高い電気製品より、シンプル丈夫・美しく・安い電気製品の方が、今はずっと売れます。プレゼン資料も、日本のものは文字だらけ、プレゼンがうまいことで知られるアップルは、例えば数字や写真だけです。

コツ2:相手の視点に立ってみる

結果を出すためには「人からの評価」が必要になります。アウトプットが結果につながらない人の非常に多くが「相手からの視点」を忘れてるんですね。相手はいったい何を受け取れば満足するのでしょうか?どんな問題や欲に対してのアウトプットを望んでいるのでしょうか?

コツ3:内容を絞る

忙しい現代人は、「多種多様なもの=難しい」と感じて受け取りません。アウトプットするときには分かりやすくコンパクトにまとめましょう。内容を絞って、それに対しての情報量を増やすようにすると相手の理解度と満足度があがり結果につながりやすくなります。

コツ4:フックになる言葉を使う

アウトプットしたことを受け入れてもらうために、心に引っかかる言葉を使うといいでしょう。例えば、世間によく知られている言葉や流行語を入れると相手はそれが気になって受け入れてくれます。

コツ5:バカらしいコトから出してみる

ムダのない上質なアウトプットは、いきなりポンとは出ません。まずは数を出してみること。これってバカみたい・・と思えることからどんどん出してみるとうまくいきます。出た中から当たりをつけて、徐々に洗練してみるといいですよ。

コツ6:得意な媒体でアウトプットする

アウトプットするときに、「書く」「話す」「見せる」どれが得意でしょうか? 例えばSNSでも文字が得意な人ならTwitterでしょうし、話すことが得意ならYoutube、見せることが得意ならFacebookやInstagramが使えます。SNSによるアウトプットは気軽に量をこなすことによって質を高められる媒体ですので積極的に利用してみるといいでしょう。

コツ7:結果を見据えたアウトプットをする

得たい結果を手に入れるための内容にしましょう。 アウトプットすることの、内容と流れが、得たい結果、相手の行動に働きかけるように整えてみるのです。ボンヤリしたアウトプットで得られるのは、ボンヤリした結果です。

まとめ

  1. コツ1:ムダなアウトプットをしない
  2. コツ2:相手の視点に立ってみる
  3. コツ3:内容を絞る
  4. コツ4:フックになる言葉を使う
  5. コツ5:バカらしいコトから出してみる
  6. コツ6:得意な媒体でアウトプットする
  7. コツ7:結果を見据えたアウトプットをする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事