生きる喜びを追求する

音楽がすごく好きな友人と、ライブに行った帰り。僕らは少しライブ後の興奮を残しながら軽い夕食を一緒にとっていた。音楽談義に花が咲き、友人がふと言ったことが今でも忘れられない。

「昔の音楽は良かった、昔の方が良かったっていう人がいるけどさ」

「あんなのは音楽を聞く心を失っちゃったって証拠だよ」

「オレは言いたいね」

「いい音楽は今もありますよって」

言われてみればそうだ・・

そういえば僕だって、すごく忙しかったときには、妻が作ってくれた食事をテレビを観ながらとりあえず口の中に突っ込んでるだけで、味わって食べるんじゃなくただの栄養補給みたいなものだった。

音楽だって、忙しくてストリーミング音楽をダダ流しするだけで、音楽を味わうってことをしてなかったのだ。

いい音楽だって、いい食事だって、見るべき芸術だって、ちょっと気をとめれば沢山ある。忙しさで出来た心のスキマを埋めようとモノを買っても、そのスキマは埋まらない。

僕らにとってすごく大事なのは、時間を作って、いまに注目し、感じることなんじゃないだろうか?僕らには五感がある。それをもっと使って生きる喜びを追求するのはとっても大事じゃないだろうか?

喜びを感じよう。

僕らはそれを感じるために生まれてきたのだから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事