時間を「おこずかい」と思ってみる

クライアントさんの中に「時間はおこずかいと思っています」という人がいました。確かに言われてみれば、限られた資源をどう上手にやりくりしていくか考えると少し楽しいかもしれませんね。

経営の神様ピーター・ドラッカーは「時間の使い方は練習によって改善できる 。だが 、絶えず努力しない限り仕事に流される」と言っています。時間を使ってやることは常に変わっていくので絶えず努力して、やりくり上手にならないと、私達はやることと時間にただ流されていってしまいます。

あるクライアントさんはお金にも時間にも余裕があり、例えばいつでもブログ記事を書く時間があるのに1つの記事を書くのに3日も4日もかかったりします。一方、とても忙しい主婦起業家の方は、たったの15分でブログ記事を書きあげ、洗濯も掃除もして、晩御飯の前にもう1記事書いて投稿したりします。

こう考えてみると時間もお金と一緒で、たくさん持っている人のほうがついつい使い方がザルになり無駄遣いをしてしまうのかもしれませんね。少ない時間しかない人は、少ないからこそやりくり上手になるチャンスととらえてみるのもいいかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事