自分を格上げするために、どれくらい本を読めばいいの?

いろいろな講座や、10万円以上する高額セミナーにも行ってみました。でも実際、キチンとした本の方が高額セミナーよりずっと価値のあることも多かったのも事実です。本を読んで実践してみることで、自分を格上げすることができます。では実際どれくらいの本を読めば、自分が変わっていくのでしょうか?

本屋にいって手にとってみて興味がわく本から始めよう

本選びは、正直Amazonのオススメから選ぶのはとても難しいです。せめて「なかみ拝見!」で目次と前書きくらいは読めないと、その本と自分との相性がなかなか分からない。その著者や編集者さんと自分の相性ってかなりあるんですよね。

私は週に1〜2回本屋にいって、だいたい1回に10冊程度を手にとってサッサッと斜め読みしてみて、実際に買うのは1冊あるかないか。自分との相性もあるし、良い本であってもそのタイミングでは読みたいと思えないこともあるからです。せっかく時間を使って読むのですから、自分がワクワクしながら読める本を選びたいですね。

どれくらい本を読めば自分が変わってくるのか?

私のこれまでの感覚で言えば、高額セミナーに行って得る価値くらいの素晴らしい情報を得るためには、同じジャンルの本を最低でも10冊以上読みます。

例えば、年末年始に少し太ってしまった時に、ダイエットに関する本を20冊ほど読みました。だいたい5冊くらいすると、その分野の枠組みが分かるようになり、10冊読むと、自分にあったワクワクするやり方がハッキリと分かってきます。

それくらい読むと、ワクワクするやり方に確信をもって動けるので、本当に自分が変化していけるんですね

私は、やり方が分かったら、たった1週間で完璧なダイエットをして、体重と脂肪をラクにスッキリと落とすことに成功しました。それ以来、まったくリバウンドもしていません。

本は2冊以上まとめて買わない

私が本をまとめて買うのはどんなに多くても2冊までです。いろいろ試してみましたが、2冊だと読み終える、達成感を得てまた次に移れるようです。3冊だとちょっと分量が多すぎて処理しきれず、挫折感をもってしまい積読になってしまいました。

2冊買って、すべて読むのではなく、目次を見てから斜め読みして、大事なところに線を引っ張っていきます。2冊なら1時間もあれば、気になるところに線を引けます。そしてまた興味の湧いた本を2冊買ってみるのです。良質なインプットをすれば、良質なアウトプットが出てきます。

本の弱点とは?

本にも大きな弱点があります。それは「いまの自分の実力でしか、本を選ぶことも読むことができない」ことです。

つまり、プロの目からみたら、最初にこの本を読んで、次にはこちらの本を読んでみるといい、と分かるのですが、自分ではどんな本を読めば最短最速で自分を変えられるのかは分からないのです。

どうしても、こういった弱点が本やインターネット検索にはあります。だからこそ、メンターやコンサルタントを有料でつけたり、お金を払ってセミナーに行くというのは、それはそれで価値のあることなんですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事