人生の満足度があがる!毎日たくさんのゴールテープを切る楽しい人生とは?

会社経営をして成功しているメンターからこう教わりました「自分がやる1つ1つのコトに小さな出口を作りなさい」。自分が叶えたい夢を目指してひたすらガンバってるだけでは苦しくなるので、小さな出口を沢山作って、そのゴールテープを毎日たくさん切っていけ、というのです。

出口のない人生は辛い

会社員のときも、会社に決められた目標は高く、そして目標までの道のりは遠い・・。半年目標、まして年間目標なんて大きすぎてイメージできません。だから心は燃えてこないし、ほんとに出来るの・・、なんて気持ちになってきてしまいます。

ゴールという出口がない人生は辛い。

だから小さなゴールを毎日、小さく設定する。毎日の小さなゴールテープを毎日切りまくっていく人生は楽しいし、達成感がでるから、自己肯定感もあがっていきます。そうして知らない間に一歩一歩と階段を登っていって、知らぬ間にものすごい高みに登ってるなんてことになるのです。

出口のゴールテープは、せいぜい90分で終わるようにする

オススメの小さなゴールは、30分〜90分で終わるものに設定すること。例えば朝起きて最初に切るゴールテープは、掛け布団をたたんで、ベットを整えてみるといいですよ。ツマラナイことのように思うかもしれないけれど、この小さな一歩が、次の一歩につながるし、何よりどんなに1日クタクタになって帰ってきても、僕のベットはきれいになって僕のことを待っててくれるのです。

顔を洗って、朝ごはんをちゃんと食べるのだって小さな朝のゴールテープ。妻とちょっと楽しい話をしてアハハなんて笑いあったら、ボーナスゴール。そういう小さなゴールテープをたくさん作ってみましょう。そういえばイチローも言ってました「小さなことの積み重ねだけが、とてつもないことを成し遂げるたった1つの方法」だって。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事