なぜ「お金は汚いもの」と考えてしまうのか? お金のメンタルブロックを外し方(1)

「お金は汚い」「お金は良くないもの」というメンタルブロックを外さないと、お金は入ってこないという話をよく聞きます。実はこのお金のメンタルブロックは、個人の問題ではなく、ほとんどの日本人が抱えている歴史的・社会的な問題です。なぜこの問題が発生していて、どう解決すればいいかをお教えします。

  

ほとんどの日本人が潜在的に「お金は汚いもの」と考えている?

2013年の日経新聞にこんな記事が掲載されました。

「お金ってきれいなものですか、それとも汚い?」投資教育を手がける岡本和久(66)は全国の中学校や高校を回るたびに同じ質問をする。これまで約500人の生徒のうち8割弱が「汚い」と答えた。

〜〜中略〜〜

金融や投資のそうした意義を、学校で教わる機会はほとんどない。一方、財テクの失敗や詐欺などのニュースを通して、お金の悪いイメージは増殖する。

出典:日経新聞https://www.nikkei.com/article/DGXNASGC3100G_R30C13A1SHA000/

  

この問題は、中高生だけでなく、非常に多くの日本人が同様の観念を抱いているのは間違いありません。

  

「お金を稼ぐことが汚い」というメンタルブロックがなぜ生まれるか?

知り合いの外国人たちには「お金を稼ぐのが汚いって?」「全く理解できない」と口を揃えて言います。一方、なぜ多くの日本人は「お金を稼ぐことが汚い」という考えを持ってしまうのでしょうか?

  

「たすけあい・分かち合う」社会的な美徳が「一人勝ち」を許さない空気を生み出す

欧米社会は「個人主義」。特にアメリカは開拓された国で、成功者を讃える文化が浸透しています。レストランに成功者が入ってくると、そこにいた客すべてが立ち上がり、拍手して讃える文化です。

日本は古くからの農耕社会。お互い協力しあい、助け合い、得たものを分かち合ってきた社会なのです。アメリカのように個人が健康保険に自分で入るか決めるのではなく、国民みんなで健康保険を支え合ってきた国です。

このような歴史的背景、社会主義的な構造、同調圧力を我々は無意識に感じとります。その結果、「友達、親戚、仲間より稼いだら言えない・・」「一人勝ちは汚い」「お金を稼ぐことは汚い」というメンタルブロックを多くの人が持ってしまいます。

どのように「お金を稼ぐことは汚い」というメンタルブロックを乗り越えるのか?

ではどのようなに「お金を稼ぐことは汚い」「一人勝ちを許さない」メンタルブロックを乗り越えていけばいいのでしょうか? 

  

稼ぐのは社会的に良いこと、税金をちゃんと納めて社会還元しよう!

そもそもお金を稼ぎ、誰かの商品サービスを買うことで、その人は幸せになります。お金を廻すことで日本経済の発展に寄与できます。稼いだ分はちゃんと国が税金として徴収し、儲けを社会全体に再配分する仕組みになっています。きちんと税金を収めるようにしましょう。稼いで納税することは立派な社会貢献なのです。

  

本当のお金持ちほど稼いでいることを人に話さない

昔から「本当のお金持ちほど、稼ぎを人に話さない」と言います。本当のお金持ちほど「一人勝ちを許さない」社会風潮をよく分かっているのですね。人は状況によっては辛い思いや、お金に困っていたりします。そんな人たちの気持ちも考え、稼いだことは自慢しない、そっと遠くから支援していく。そうすれば人としても成長していけるのかもしれませんね。

そもそもお金とは何か?

「漠然としたモノ」は、人を不安にさせます。例えば、子供のころ「幽霊」や「お化け」が怖いのは、漠然としているから怖いのです。「お金」とは何か?という問いに、多くの人は答えられません。多くの人にとって、お金とは「漠然としたモノ」。だからお金に対して、人はどこか不安や怖れを感じるのです。

  

金融リテラシーを身につけよう

日本の学校では金融投資の正しい知識を教えません。お金の知識を持たないまま社会に放り出されるレアな資本主義国なのです。そのため多くの人が、お金のリスクを過剰評価しています。

「投資の知識」を身につけましょう。

投資とリスクの関係が分かれば、お金は怖くなくなります。どんな投資をすれば、どれくらいリスクがあるのか?リスクを知らないまま投資をするのが最大のリスクです。ここで1つ、投資に関する問題を出しますね。

「株式投資は、高リスク、中リスク、低リスクどれでしょうか?」

答えは・・・

「高リスク」です。なぜなら日本航空や東京電力や東芝のような超優良会社と言われていた株でも、株価の急落、場合によっては価値ゼロ円になる可能性があるからです。

非常に多くの人が、株式やFXや仮想通貨に投資して儲けようとしています。もし、この初級問題に解答できなかった方は、まずはマネーゲームには参加しないこと。株式やFXや仮想通貨など高リスク投資をしても、お金は溶けてなくなるだけです。

まずは少額の投資信託投資から始めて、投資とリスクの関係をしっかり時間をかけて肌で勉強してみましょう。コツコツ勉強すれば、約半年ほどでお金の仕組み、マーケットの動き、投資の仕組み、どのようなリスクが、どれくらい潜んでいるのかが見えてきます。そうなれば、もうお金は怖いものではありません。

リスクが見えてきたら余裕資金の半分ほどを分散投資するといいでしょう。もし面倒ならば、余裕資金の半分ほどを積立投資信託に分散投資するのがオススメです。

お金のメンタルブロックに関連する記事はこちら

動画解説はこちらからどうぞ

まとめ

  1. 全国の中高校生の約500人の生徒のうち8割弱が「お金が汚い」と答えた。
  2. 「お金を稼ぐことが汚い」というメンタルブロックがなぜあるのか?
  3. 「たすけあい・分かち合う」社会的な美徳が「一人勝ち」を許さない空気を生み出す。
  4. どのように「お金を稼ぐことは汚い」というメンタルブロックを乗り越えるの?
  5. 稼ぐのは社会的に良いこと、税金をちゃんと納めて社会還元する。
  6. 本当のお金持ちほど稼いでいることを人に話さない。
  7. 財テクの失敗や詐欺などのニュースを通して、お金の悪いイメージは増殖する。
  8. 「お金は怖いもの」ではない、投資とリスクの関係が分かれば、お金は怖くなくなる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事