モチベーションとは興奮することではない!ホントに夢を叶えて成果が出せるモチベーションアップ方法とは?

私がアラフォー社畜から脱却するまで、結構よく分からず苦労したのは「モチベーション」をいかに保つかでした。

思い返してみると、モチベーションには3種類ありました。

1つ目は「興奮型モチベーション」

2つ目は「痛み型モチベーション」

3つ目は「スイッチ型モチベーション」です。

一番良いのは「スイッチ型モチベーション」。この方法をマスターできると自分の生活と人生はまったく別物に変わっていきます。

私の場合には、2年半後にアラフォー社畜から脱却して、東京とサーフィン用の海の家を自由に行き来する生活に変わりました。

今日は最先端のコーチングスキルを活かした、本当のモチベーションの上げ方、保ち方をお伝えしていきます。

「興奮型モチベーション」は砂糖と同じ

過去の私も含めて、多くの人がモチベーションとして勘違いするのが「興奮すること」をモチベーションとすることです。

1億円儲かる!
悠々自適な自由な世界へ!

例えば、そんな夢のような話に興奮して一生懸命に行動しようとするのです。恥ずかしながら、私もその1人でした。よし自分もやるぞ!と夢を見ながら変なモチベーションを上げていたのです。

でも興奮は、長続きしないんですよね。
いつもどおりの平日が始まり、会社にいって家に帰ってくり頃には「夢から覚めてしまう」これは砂糖をとって、血糖値がピューと上がって下がるスパイク現象と同じなのです。興奮型モチベーションは長続きしない、失敗してしまいます。

「痛み型モチベーション」は成功する確率がすごく高い

痛み型モチベーションで多くの人が、社畜から脱却できます。痛みが強いほど成功するのです。

私もそうでした。リーマンショックが起きて、会社で大リストラが始まり、10人に1人がウツ病になりました。社員の半分以上がリストラ対象になり、私の首元も寒くなったのです。

いつクビになるか分からない・・
いつ給料が打ち切られるか分からない・・

そんな恐怖は「心の痛み」です。強烈に人を動かします。
私の場合も、背水の陣でもう動くしかなかったのです。

「痛み」をモチベーションとして必死に活路を見出して行動する。
ちっとも楽しくないですが、心理学的にみて「痛みモチベーション」は最強と言われています。人は新しいものを手にいれるためより、痛みを避けることに必死になることが分かっているのです。

旦那や奥さんと別れたいから・・
イヤな上司と顔を合わせたくないから・・
お金に困っているから・・

痛みがあるなら、それを燃料としてモチベーションにするのは間違っていません。一気に自分が浮上して新しい人生のステージにあがれる可能性があります。

私のところ来る「痛みモチベーション型」の人は、少し教えるだけでも、行動力がものすごいです。

でも痛みモチベーションは、夢を実現してしまうと燃え尽き症候群になるのです。実際、私もそうでした。成功した次になにをしたらいいのか迷うのです。

痛みから脱却できたら自分がどうなりたいのか?なにをしたいのか?それを考えておくのがオススメです。

モチベーションは習慣化する、「スイッチ型モチベーション」の威力

私はスイッチ型のモチベーションをマスターしてから、コンスタントにパフォーマンスがつねに無理のないピーク状態を保てるようになりました。

ピークパフォーマンスですから、いまの自分で出来る最高の行動で結果が常に得られます。1ヶ月後、3ヶ月後、1年後の自分がドンドン変わり成長していくのが実感できるとワクワクできるのです。

昨年とやっていることが全然違います。5年前とやっていることが変わらないようでは、人生に問題があるのです。

やり方はカンタン。

朝、自分が手に入れたい未来は何かをイメージして、言葉と身体で表現します
アファメーションは言葉だけです。

スイッチ型のモチベーションアップとは、身体を大きく使ったインカンテーションというスキルを使います。

例えば、自分はぜったいに〜〜の夢を叶えるぞ!と心の中で大声で唱えながら、身体を大きく広げてください。ガッツポーズのような姿勢です。

スタンフォード大学の研究者は、このポーズを「パワーポーズ」と言っています。気分をあげるホルモンとストレスを現象させるホルモンが分泌されることが科学的に判明しています。

私は心で唱えながら、このポーズを3回以上、朝に習慣としてやっているのです。

モチベーションとは習慣です。朝、自分の夢へのスイッチを入れた1日と入れなかった1日、行動は変わってきます。この1日を365日、何千日と積み上げた人間と、なにもせずボーッと1日をスタートする人と、どれほど人生が変わるでしょうか?

モチベーションを習慣化する。朝、心の中で夢を叫んで身体を大きく広げるだけでいいのです。

ロンドン大学の研究によると、習慣化には66日かかるという結果が出ています。途中何日か抜けても大きな問題はないそうですが、続けて約3ヶ月やってみましょう。

1年後、3年後、5年後の変わった自分、夢に近づき叶えている自分を想像してみてください。夢はみるだけじゃなく、叶えて、味わうものです。

ホントに夢を叶えている人がたくさんいます。

朝スイッチを入れてみてくださいね。

まとめ

  1. モチベーションとは興奮することではない!ホントに夢を叶えられる心のスイッチの入れ方とは?
  2. 3つの型がある。
  3. 「興奮型モチベーション」「痛み型モチベーション」「スイッチ型モチベーション」
  4. 「興奮型モチベーション」は砂糖と同じ、長続きしない
  5. 「痛み型モチベーション」はいま感じている心の痛みを燃料する、成功する確率がすごく高い
  6. 「痛み型モチベーション」は成功後の燃え尽き症候群に注意する
  7. モチベーションは習慣化する
  8. 「スイッチ型モチベーション」はインカンテーション
  9. 心の中で夢を大きな声で唱えながら、身体を大きく広げよう
  10. 3ヶ月後、1年後、5年後の未来は大きく変わる

ムダなく失敗なく起業するにはどうすればいいのか?40才から2年で8億築いた起業家が教える 最短最速で失敗せずにビジネスが立ち上がるモデリング起業メールトレーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事