なぜ悪口を言わない人が、幸せと成功をつかめるのか?

外資系証券で出会ってきた国内外のエグゼクティブたち、起業して成功した人たちに共通して感じるのは「人の悪口を言わない」ことでした。ある成功した起業家さんが「私は、悪口を言わない人をビジネスパートナーにすることで成功してきた」と話していました。なぜ悪口を言わないことが成功と幸せをつかむために大事なのでしょうか?

なぜビジネスパートナーは悪口を言わない人がいいのか?

成功した起業家さんはなぜ厳格なまでに「悪口を言わない人しかビジネスパートナーにしない」のでしょうか?お聞きしたところこういう答えが返ってきました。

「人の悪口を言わないことはとても重要だ」

「なぜなら、ビジネスにとって自分の評判というのはとても重要だからだ」

「一緒になってビジネスをすると、かならず良いことも悪いことも起きる」

「どんなことがあっても前向きで、自分の悪口を人に言われないという安心感は、ビジネスパートナーを選ぶときに大きなポイントになる」

成功するビジネスマンは、その人が悪口をいうかで、その人が前向きか、信頼に足りうる人か、自分にストレスを与えず、場合によっては良い評判を人に口コミしてくれるかを重要視しているのですね。

人の脳は、人の悪口を自分の悪口と思ってしまう?

脳科学によると、「人の脳は主語を理解できず、人の悪口を自分の悪口として受けとめてしまう」といいます。人の悪口を言えばいうほど、自分の自尊心がどんどん失われ不安を生み出してしまうのです。

人の脳が主語を理解できないのは言語能力を持たない大脳辺縁系で感じるから

この根拠を調べて見えてきたのは、主に価値判断や不安や恐怖、攻撃などを感じる「大脳辺縁系」は「言語をもたない古い脳」ということでした。(参考:大脳辺縁系についてhttp://www.akira3132.info/limbic_system.html)言語を司るのは「大脳新皮質」といわれる新しい脳です。(参考:大脳新皮質http://akira3132.info/cerebral_cortex.html

なぜ人を好きになったか明快な理由がわからない

例えば、あなたが誰かを好きになったときに、その理由を聞かれて、なぜ好きかを言語化できないのは、その「好き」を、言語能力をもたない大脳辺縁系で感じているからです。この裏返しで「嫌い」や「悪口」を聞いたときに、それが他人のことを言っているのは、それとも自分のことを言っているのか古い脳は判断できないと考えられます。

人の悪口を言わない人は、前向きな解決策をみつけるのが上手な人

人がなぜ不安になったり、怒ったり、人の悪口を言ってしまうかというと、どうその事態を解決すればいいか分からない。ネガティブな感情は、心が解決策を見いだせず行き詰まっていることのシグナルです。

人が行き詰まったときにとる行動は、「それから逃避する」、「人のせいにする」、「前向きな解決策をみつける」この3つしかありません。

問題があったときに、そこから逃れたり見なかったり、人のせいにすることが簡単です。しかし本当に幸せになるため、成功するためには、自分の問題は自分で前向きに解決していくことはとても大切なのです。

人の悪口を言わないということは、そこから逃れず、人のせいにもせず、自分で前向きになって解決策をみつけることなんですね。

人生の基盤をつくるために「尊厳の輪」を作ろう

ベストセラーになった「Think Cleary〜最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法〜」の中で著者のロルフ・ドベリはこう書いています。

「私は、よく知らない誰かにけっして私の家族や友人の悪口を言ったりはしない。それを周りに知ってもらうために、私はこれまで「全面的なコミットメント」によって断固とした姿勢をつらぬいてきた。(中略)安心して「尊厳の輪」(マイルール)をつくることができなければ、あなたの人生には基盤がなくなってしまう。

大事な家族や友人は、自分にとっての安心安全の場

人は誰でも上手くいかなかったり失敗してしまうもの、それでももう一度、新しいチャレンジができるのは、自分にとっての安心安全の場である大切な家族や友人という存在があるからです。

もっとも安心安全の場になりえる大事な家族や友人の悪口を言うのは、それを自ら危ういものにしてしまう行為であり、ひいては自分の不安の増大につながってしまいます。家族や友人は大切にしたいですね。

まとめ

ここまで読んでみていかがだったでしょうか?悪口を言わないことで、自分自身の安心・安全が守れることがわかったのではないでしょうか。自分自身が悪口を言わないだけでなく、悪口を言わない人を自分の周りに多くつくるのがとての大切ですね。

  1. なぜ悪口を言わない人が、成功と幸せをつかめるのか?
  2. ビジネスパートナーは悪口を言わない人がいいのは、その人が前向きで自分の評判を傷つける心配がなく信用できるから
  3. 人の脳は、人の悪口を自分の悪口と思ってしまう
  4. 人の好き嫌い、価値判断をするのは言語能力をもたない古い脳「大脳辺縁系」
  5. 古い脳は言葉を理解できないから、人の悪口を自分の悪口ととらえ、自分で自分を不安にしてしまう
  6. 人がネガティブな感情を抱くのは、解決策が見いだせず心が行き詰まっているシグナル
  7. 大事な家族や友人は、自分にとっての安心安全の場、悪口を言って自らの安心安全を壊さないようにしよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事