「プラダを着た悪魔」の名言から素晴らしい気づきを得よう!

2006年に公開された「プラダを着た悪魔」

大学を卒業しジャーナリストになることを目指してNYにやってきた主人公アンディ。

オシャレには無頓着な彼女が、一流ファッション誌ランウェイのカリスマ編集長ミランダの秘書に!ハイレベルな仕事を要求されながらも成長していく物語は、女性の間で名作と言われています。

そんな名作には、さすが!と勇気付けられる名言が散りばめられていました。

中でも私がとっても気に入ったのは同僚ナイジェルが主人公アンディに言ったコトバ。

ナイジェルがアンディに言ったこととは?

上司である敏腕編集者ミランダに、なにをしての認めてもらえない主人公アンディ。

きっと私はミランダに嫌われてるんだと同僚のナイジェルに泣きつきます。

「わたしは、必死に努力してるって認めてほしいだけなのに!」

でもナイジェルは、

こう言って突き放します。

「じゃあ、辞めなさい」

「ミランダは、ただ仕事をしているだけだ」

「君が働くこの雑誌は、世紀のアーティストと仕事をしてるんだ」

「この雑誌のために命をかけて仕事をしてる人がいる」

「それなのに君は・・」

「ダラダラと愚痴を言っているだけだ」

「目を覚ましなさい」

出典:Amazon

その後、アンディは生まれ変わったように心を入れ替え、着ているものをただし、素晴らしい仕事ぶりを発揮してミランダに認めてもらえるようになっていきます。

でもこの映画の最後には、またそれとは違う人間らしいエンディングがあるのがとっても名作たる由縁ですね。もしまだ見ていない人はぜひ、もう見たという人ももう一度チェックしてみるときっとたくさんの気づきがあるかもしれませんよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事