すごいと言われる起業家の考えてるコト

ずいぶん前のある日、
僕がお風呂でシャンプーをしてた時です。
 
 
頭を前にゴシゴシ、
横にゴシゴシ、
 
 
最後に暖かいお湯を
ジャーっと流して気持ちいい〜と感じてたとき、
 
 
なんか分からないけれど、
ふと唐突にこう思ったのです。
 
 
「そうだ」
 
「オレはこのモデリング起業を・・」
 
「日本一にしてやろう・・」
 
 
なぜシャンプーしてる時に
そんな風に悟ったのか分からないけれど(笑)
 
 
そう思えるようになったら、
何か憑きモノが落ちたように、
サーッと怖れや不安がなくなりました。
 
 
自分のビジネスコンセプト(USP)が決まったけれど、
なんか不安で行動が億劫になる人が結構いると思うんです。
 
 
ホントに売れるのかな〜?
 
このコンセプトで大丈夫かな〜?
 
 
そう不安になるのです。
私も過去に何度もそんな経験をしました。
 
 
では、不安になってる人と成功した人
この差はいったい何でしょう?
 
 
いろんな成功した起業家に出合ってみて、
私がすご~く感じたことは2つあって、
 
 
1つ目は、とにかくお客様の問題を解決することばかり考えていること。
 
 
2つ目は、ハッキリ言わないけど、どこか自分はこれで「日本一」になるんだ!みたいな気概があることです。
 
 
今はまだヒヨッコだけど、
もっともっと磨き上げて「日本一」にしてやるんだ!
そんな気概がスゴイです。
 
 
一方、不安になって動けない人は、
まだ何も行動してない、
何も起きてないことに「漠然」と怖がっているようです。
 
 
起業準備期間から成長期にかけては、
どうしても集客や売上げばかり気にしてしまいがち。
たまには、こう大きな視点で、
 
 
「日本一」を目指すことを考えてみる。
 
 
そうすると、いつもと違った
「やる気スイッチ」や「やるべきコト」が見つかるかもしれませんね。

ムダなく失敗なく起業するにはどうすればいいのか?40才から2年で8億築いた起業家が教える 最短最速で失敗せずにビジネスが立ち上がるモデリング起業メールトレーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事