商品企画をするときは、買い替え需要を狙ってはいけない。

先日クライアントさんが考えてきた、ある企画を瞬殺しました。

悪いとは思いましたが、そのままやっても売れませんので、私はこう説明しました。

「もう、白物家電は売れませんよ」って。

大切なのは、自分の提供するものが、「買い替える系」か「ぜひ必要系」かです。例えば、洗濯機みたいに、もう家にあるモノを売ろうとしても、なかなか買ってもらえないですよね?

ちなみに「ぜひ必要系」は、次のこの分野に集中しています。

・健康、ダイエット関連
・人間関係、男女関係
・お金、ビジネススキル関連

これらは人類にとって永遠に「買い替え系」じゃないので、売れる可能性がアップします。だから、「愛される〇〇、お金がたまる〇〇」なんてのは、マジックフレーズになりえるのです。

小手先テクニックより、こういう考えがあるかないかで、成果は大きく変わりますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事