クリエイティブな人は右脳タイプとか言われるけど実際は両脳とも使っているらしい

アーティストやクリエイターの人は右脳タイプだから論理的なことが苦手なんて言われています。じつはこれは「右脳クリエイティブ神話」らしいことが最近の研究によって明らかになってきました。

両脳とも連携してクリエイティブになる

脳研究者のメリッサ・エラミルがイラストデザイナーたちがアイディアを出しているときの脳を調べたところ、両方の脳が連携しまるで全体会議をしているかのように創造性を発揮していることが分かりました。

クリエイティブディレクターの水野学さんは、ベストセラーになった著書の中で「センスは知識から始まる」と断言しています。

思い込みに振り回されずに創造してみよう

アイディアが降ってくるのを右脳まかせにしてしまう必要はありません。水野さんの著書にあるように論理的に考え、推考したり、分析したりすることだって創造性の助けになります。

また実はアイディアにもっとも寄与するのは多くの体験です。体験から得たさまざまな視点でものごとを考えてみる。右脳・左脳など画一的に考えず、まずはドンドンやってみることこそが創造性を発揮する最高の方法なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事