某有名海外スピーカーが、日本開催セミナーで2億円を売り上げたマル秘手法とは?

昨年のことですが、超有名なベストセラー作家が来日しました。そのセミナー講座で100万円の講座は200名以上にバカ売れしたのです。つまり1回のセミナーの売上は2億超え。

セミナーでの集団クロージングも熟知している私は、どのようにクロージングしているかがよく分かったのです。主催者に刺されるといけないので、名前はとても出せませんがその驚くべきクロージング手法を公開します。

(悪用厳禁でお願いします)

見事な見込み客の選別方法とは?

それはとても暑い日のことでした。
某ビックサイトに集まった5000人の受講生が集まりました。

そのセミナー講師は自分のこれまでの何百億円の儲けをスライドで次から次へと見せて、そのノウハウを話始めます。

なるほど、こういう仕組みでも儲けるんだな・・
多くの受講生が感じ始めたころ、そのセミナー講師は、強い口調で話し始めました。

「これからが本番だ」

「この中で、年収1000万円が働かないで手に入る方法を知りたい人はいるか?!」

「ほんとうに稼ぎたい人だけに、この1000万円チケットを渡そう」

「ただし、このチケットを受け取るのは本気の人だけだ・・」

「これからその本気の条件を話そう・・」

そう言ってから、1つ1つ「本気の条件」とやらを話していきました。

「いまの条件に見合うものだけが、この1000万円チケットが手にできる

「条件に見合ったものは、前にきてこのチケットを受け取ってくれ!」

そう言って、1000万円チケットを受け取った人が500人以上はいたでしょうか。

実はこのチケットを受け取るための条件が、
主催者側にとっての見込み客を特定する条件なのです。

そうとは知らない1000万円チケットを受け取った見込み客は、セミナー講師の近くを囲むように集まり興奮の顔をしています。

セミナー講師と受講生の物理的距離に比例して、講師の影響力は、より強くなります。

こうしてそのセミナー講師は、見込み客だけを身近に起き、集団クロージングを始める体制を整えたのです。

見込み客の1人をピックアップして他の客に自己投影させる

ここからが本番です。
見込み客が興奮するようなノウハウ、そして成功した受講生の事例を織り交ぜながら、会場をドンドンヒートアップさせていきます。

会場がヒートアップした頃合いを見計らって、セミナー講師は、身近にいた受講生を壇上にあげたのです。

「君はホントに、億万長者になりたいのかね?」

もちろんです!そう答えた受講生を相手に、さまざまなノウハウを教え、そしてどう思ったかを話させます。

こうすることで、他の受講生たちは、自分もまるで壇上でそのセミナー講師から直接教えて受けているような気持ちに変わっていくのです。

「どうだい、ここまでの話を聞いて、君は億万長者になれる気がしてきたかい?」

壇上の受講生は、顔を赤らめながら「億万長者になれそうな気がします!」と答えました。

「なにか不安なことや疑問はあるかい?」

そのセミナー講師は、そう彼に問いかけました。
これが重要なポイントです。

その受講生が不安や疑問に思っていることを、聞いてそれに答えることによって、その場にいる受講生たちは、不安と疑いがなくなっていく・・

不安と疑いがなくなれば、モノは売れるのです。

「もう不安や疑問はなくなったね・・」

「では、これからホントに億万長者になれる方法、その核心部分を話していこうと思う」

「その方法を知りたい人だけ、この場に残り、他の人は帰ってくれていい」

そういうと会場には約300名近くの人が、顔を赤らめて興奮気味に残りました。仕上がった見込み客だけが残ったのです。

売上は2億円以上

残った300人の見込み客に向けて、セミナー講師はバックエンド(本命商品)講座の説明を始めていきました。内容はどれも素晴らしもの。その内容はさすがの価値あるものでした。

セミナー講師派言いました。

「この講座の値段は、300万円だ!」

そう話すと、会場の熱がスッと冷めたのが分かりました。
そこでセミナー講師はこうたたみかけます。

「この講座には、まだ話していない、すごい特典がついているんだ・・」

そう言うと新しい講座特典を20分かけて、いかに価値があるかを話していったのです。

また受講生たちの顔が赤らみ興奮してくるのが分かります。それを見計らうようにしてセミナー講師はこういいました。

「最後まで聞いてくれて、ホントにありがとう!」

「その気持ちに僕も応えたい!」

「今日この会場で、この300万円の講座に申し込んでくれると決めてくれる人がいるなら・・」

「料金を三分の一、100万円で提供したいと思う!」

会場は、ガヤガヤしました。

ホントかよ。。
すげーな。。
オレ、申し込む!

そんな声があちこちから聞こえます。
そのタイミング見計らって、セミナー講師はいいました。

申し込む人は、後ろにデスクがある!
今日だけ、これから30分だけの受付だ。
さあ、申し込む人はデスクに行ってくれ!!

セミナー講師がそう号令をかけると、
いっせいに200名が申し込みデスクに押し寄せたのです。

これがアメリカや一部のセミナー講師が使っている集団クロージングのマル秘手法です。もちろん内容は良いセミナーです。そのセミナーを心理学をもちいて集団クロージングをかけるのです。

こういう心理テクニックを使った手法もあるのです。
自分がホントに必要なのか、十分に確かめてから購入したいものですね。

ムダなく失敗なく起業するにはどうすればいいのか?40才から2年で8億築いた起業家が教える 最短最速で失敗せずにビジネスが立ち上がるモデリング起業メールトレーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事