この時期に重要!初対面の印象をアップさせる笑顔の作り方とは?

4月や12月など新しい人との出会いが多い時期、初対面の人との人間関係をしっかり作っていきたいところですよね。そんな時にもっとも大切になるのは「笑顔」です。印象の良い笑顔を作るにはどうしたらいいのでしょうか?

作り笑いはバレることを意識しておく

まず最初に意識しておきたいのは、作り笑いはバレるということです。アメリカの調査では、作り笑いを浮かべた写真3枚と、本物の笑いを浮かべた写真1枚を4361人に見せたところ、本物の笑いを見分けた確率はじつに86.9%だったそうです。

心理学の研究によると、作り笑いでなく、感情から出る自然な笑顔は、口に9割、目に1割の「笑顔」が現れると言われています。目は口ほどにモノを言う、目が笑ってないから相手はそれを察知します。

作り笑いは、随意筋100%で作られた笑いであり、自然な笑顔は不随意筋から出来た笑いなので自然なのです。

自然な笑顔は先に口が笑い、次に目が笑う

ポイントは3つです。

1上の歯をみせて笑う
2口角をあげる
3目尻の下げる


自然な笑顔は先に口が笑い、次に目が笑います。モデルは口と目が同時に動くので、とても違和感があるのです。今一度意識してほしいのですが、ヴァネッサ・エドワーズの「最強の人間関係術」という本には、次の4つのうちでもっとも嫌われる人がどんな人かという調査が書かれています。

1一方的に喋る人
2ほとんどしゃべらない
3作り笑いをする人
4自慢話をする人

結果もっとも嫌われる人、圧倒的多数だったのは63%の作り笑いをする人でした。次に来たのは自慢話をする人22%。ここを十分意識しておきましょう。

つながりを意識することで自然な笑顔が持続する

初対面の人に笑いかけるのが大変という人もいることでしょう。私は笑顔とコトバは無料のプレゼントと考えています。そして、人生もビジネスも、つねに先払いと考え、まず自分からプレゼントをするように意識しています。

自然な笑顔をつくるコツは、その人との見えないつながりを意識すること、そして共通点をみつけること、そして小さなことに感謝すること。この3つを意識すれば、大抵どんな人にでも自然な笑顔や会話ができたりするものです。

作り笑いじゃなくて自然な笑顔をプレゼントする、その与える人でいる気持ちが将来違う形でちゃんとあなたに返ってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事