インスタ初心者は必見!/ インスタでの世界観の作り方を学ぼう

僕のクライアントさんに「ファッション業界一筋30年」の女性がいる。

名前をリサコさんとしよう。先日、リサコさんと面談したときに「世界観づくり」について大きなヒントをもらったのでシェアしようと思う。

 

リサコさんはアラフィフだが、感覚は20代とまったく変わらない。

彼女が夢中になっている世界観チェックの流れはこうだ。

 

例えば、リサコさんは「ミニ盆栽」が好き。

ただの盆栽じゃなくてデザイン性が高くて机の上に載せられるようなお洒落なミニ盆栽を探していた。

 

そこでインスタの「タグ検索」を使い、「盆栽家」と入力して調べる。

そこにズラーっと写真が並んでる中で、自分がこれ素敵だなと思う写真をタップ。

そうするとその人のIDが出てくる。

そのIDをタップしてその人がインスタにアップしている写真をザーッと見てみる。

 

 

ここからが重要ポイント!

ちゃんと世界観が出ている人のインスタは見ていて楽しいのだ。

 

ポイントは、その人がどんなことに「こだわり」があって、どんな「生活」をして、どんな「人」とあっているか、その「スタイル」、その「世界観」が投稿から透けて見えてくるかどうかなのだ。その投稿をみると、その人の生活をまるで疑似体験して、自分がマネできるんじゃないかと感じさせてくれる、そんなワクワクできる人にフォロワーが沢山つく。

 

つまりこの場合、ミニ盆栽という作品が好きなだけはない。

それを作っているアーティストのファンになってしまうというワケだ。

 

ファッション関連の人で、世界観のある人は特にハンパない。

 

自分のファッションスナップでは、ポーズの取り方、写真の中にどれだけ空間があるか、パンツの裾がどれくらい、どのようにあげているか1つまでこだわる。生活空間の写真をよくみれば、そのインテリアだけでなく、皿や箸置き1つが世界観を表す要素なのだ。

 

 

つまり、濃いファンから見てみれば、その人のファッションスナップは、そのインテリア、その皿、その箸置き1つ、その人があっている友人たちすべてが凝縮されてできあがったファッションスナップというわけ。

 

自分という個性をいかに打ち出していくか?

 

その一つのカギは、常に自分らしくあろうとする心なのかもしれない。

自分らしさを意識しないと見ている人には決して伝わらない。

あなただけの世界観をぜひ作ってみてはいかがだろうか?

 

関連記事:インスタから効果的に集客するための3つのポイント

関連動画:https://youtu.be/9nGZ44-jek4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事