初対面で好印象を持ってもらう3つの方法

初対面での印象がその後の人間関係や仕事に大きく影響することは広く知られています。初対面を完璧にする3つの方法、第一印象3秒を制する、相手の心を開かせる、相手に好きになってもらう方法をご紹介します。

第一印象3秒を制する

第一印象について広く知られる「メラビアンの法則」。第一印象は3〜5秒とされています。

ポイントは、「見た目」「声」「話す内容」です。

身だしなみを整え(見た目)、話し方を相手に合わせ(声)、敬意をもって話をする(話す内容)、これらは全て自分のためではなく「相手のことを思って」することです。たとえ相手が自分より年下や目下の人であっても、敬意を払うことはとても重要です。

中には見た目をがんばってしまう人がいますが、かえって目立つ外見は相手に対して威圧的になり距離を遠ざけてしまいます。初対面のときには相手との共通性を見つけることが最も重要です。ですから外見も相手と共通性がある、話し方も相手と共通性があるというのがとても大切なのです。

相手の心を開かせる

自分に関心を持ってくれる人のことを、人は好意的に感じます。話す割合は、自分2割、相手8割を意識しましょう。初対面から自分をアピールしたり、相手にアドバイスする人は嫌われます。なぜならばそれは自己承認欲求の裏返しだからです。自分のことを話すのは、相手は心を開いてくれてからでないと意味がありません。まずは相手の話を聞き心を開いてもらうことを優先しましょう。

相手に好きになってもらう

相手から許可され自分を好きになってもらうポイントは、まずは自分のちょっとした弱みや失敗をぶっちゃけてみることです。

例えばお笑い芸人が自分の失敗や笑える話をぶっちゃけることで、多くの視聴者から共感を得たり疲れたりするのもそういうわけです。

かといって弱みや失敗が、暗い内容では相手から引かれてしまいます。ちょっとクスっと笑えるってもらえるような小話がちょうど良いのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事