完璧さを求めない!自信をもって洋服を着るマインドセット

どんなに若い人だって、やがては年を取り顔にはシワが増え、体型が変わっていく。どこか自分に魅力がなくなってきたような漠然とした不安に悩み始める。

でも年を経ても自分に自信を持っている、自分のスタイルのある人たちは、こう考えている。

「いまの自分をカッコよく素敵に見せる、自分らしいスタイルを作ろう」「自分のスタイルで自分らしいメッセージを発信しよう」と。

とても多くの人がアメリカ的、日本的に「こうあるべき」「いま流行っているのが自分を素敵にみせる洋服なんだ」にこだわりすぎている。

自分のスタイルとは内面から出るもの。その根源は「他人と違っていても自分が好きならばいい」、他人からどう思われたって「別に気にしていない」という大人の姿勢だ。

内面と外面にはっきりとしたスタイルを持つ。ちょっとくらい今日着た洋服のコーディネートが完璧でなくても大きな問題じゃない。

自分が自信をもって洋服を着ているというマインドセットがあれば、きっとその日1日、自信をもって過ごしていけるはずだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事